2017年06月14日

Vol.1668「ゴールセットが、“認識する世界”、ひいては“未来”を形成する」


先日、ある方から教わった、


「ゴールセットの法則」


なるものがあります。



これは、

ハーバード大学の調査によって実証された法則で、


「3:10:60:27の法則」


とも言うのですが、

人間のタイプは、以下のように分かれるのだとか。



27% 自分からは何も行動を起こさない人(=三流の人)

60% 知っているけど、行動しない人(=二流の人)

10% 知ったことを、できるようになる人(=一流の人)

3% 無意識レベルでできる人(=超一流の人)



説明を受けながら、

「確かに、けっこう当てはまるかもな〜」

と感じました。



例えば、講演会に置き換えると、

どんなによい話しを聴いても、


100人中27人は、斜に構えて否定的に聴くため、何も残らず、

100人中60人は、「いい話しだったな〜」と思いながらも行動を起こさず、

100人中10人が、心に残った内容を行動に起こすため、少しずつ変化でき、

最後の3人は、スピード感を持って行動を起こし、どんどん変わっていく


といったところでしょうか。



私(安野)自身、講演会を主催する立場として、

「おおよそ妥当な割合だな・・」

と思ったりします(笑)。




ちなみに、

それぞれのタイプの違いを生み出す原因は、

生まれや育ちや教育や学歴や才能ではない

そうです。



とりわけ興味深いのが、

3%の人に共通している習慣。



具体的には、


人生の長期的な目標を「紙」に書いている


とのことでした。



まさに

「ゴール(=目標)セットの法則」

と呼ばれる所以ですね。



まあ、

「目標を紙に書く」

とか聞くと、

よく自己啓発本に書かれているありきたりな話し

のようにも思えますが、やはり

それだけ効果が大きい

ということでしょう。




・・思うに、

「自分が何を望むのか」というゴール

が異なれば、

「認識する世界」

も変わります。



もしも、「腕時計が欲しい」と強く望めば、


他人が身に付けている腕時計や時計の広告が目に入ったり、

どうやって購入資金を捻出するかを考えたりなど、

時計にかかわる情報にフォーカスする(=認識する)


ように、


われわれが「認識している世界」は、

自分の設定したゴールによって形成されている

のです。



したがって、

ゴールが定まらずにぼやけていれば、

それはそのまま

認識する照準がぼやけることになり、


いくらよい講演を聴いても、

いくら本を読んで知識を増やしても、

おそらく、

具体的な行動にまで落とし込むのは難しい・・。



せいぜい、(上記の法則の)

60%に入るのがいいところ

でしょう。




だからこそ、まずは

ゴールセットにより行き先を明確にする、

もしくは、

ゴールがすぐに見つからなければ、

常日頃、自分自身と向き合う時間を確保し、

自己対話の中でゴールを見い出していくこと

を優先すべきです。




何をゴールに定めるかによって、

得られる未来は確実に変わります。



ご自身のゴールセットについて、

たまには立ち止まり、見つめ直してみては

いかがでしょうか。




本日は、備忘録を兼ねて。


*****************************************


【本日のまとめ】

■ 「ゴールセットの法則」によると、

  「超一流」に該当する3%の人に共通している習慣は、

  自分自身の人生の長期的な目標を「紙」に書いている

  ということ。

■ われわれが「認識している世界」は、

  自分の設定したゴールによって形成される。

■ たまには立ち止まり、

  自らのゴールを見つめ直してみてはどうだろうか。









posted by 安野 広明 at 22:00| 島根 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする