2017年05月17日

Vol.1640「“自分基準”を高めるには、初めの一歩が肝心」


それぞれの会社には、

ルール化、マニュアル化された「会社基準」

というものがあります。



例えば弊社では、

お客様をお見送りする際、


「車が見えなくなるまで立ち続け、

 見えなくなる直前で再度お辞儀をする」


という接客マニュアルがあるのですが、

これも1つの「会社基準」です。



こういった基準があるにもかかわらず、

もしもそこで働く社員さんが、

頭では「何をすべきか、何をした方がよいか」

を理解しつつ、


「まあ、そこまでやらなくても・・」


と手を抜き、勝手に

「会社基準」を「自分基準」にすり替えていたとすれば、

その人もその会社も

永遠に変わることができないでしょう。



実際、マニュアルが形骸化し、

いつまでたっても中身が伴わない会社は、

世の中にたくさんありますし・・。



(ちなみに、

 弊社の上記に掲げた「会社基準」に関しては、

 始めた当初、おそらく大半の社員さんは

 「そこまでやらなくても・・」

 と思われたはずですが(笑)、

 いまではだいぶ定着した感があります)




思うに、どんなことでも、

初めの第1歩が最もエネルギーを要します。


第1歩さえ踏み出せば、

2歩目、3歩目と、

徐々に流れを生み出すことができるはずです。



それはあたかも

自転車の運転のようなもので、

最初の踏み込み時はペダルが重く感じたとしても、

2回転、3回転と漕いでいくうちに加速がつき、

だんだんと楽になります。




したがって、大事なのは、

最初の1歩の段階で、

「そこまでやらなくても・・」と

「自分基準」でブレーキをかけるのではなく、


とりえあず思い切って決められた通りにやってみること


ではないでしょうか。



しばらくは意識しなければできない

かもしれませんが、やがて

意識せずとも当たり前にこなせるようになり、

それがその人にとっての「巡航速度」

となるはずです。




そうやって1人1人が「会社基準」で仕事している職場は、

社内に一体感や活気が生まれ、

そしてその雰囲気は、

お客様に伝わり、口コミや評判へとつながります。




「そこまでやらなくても・・」

が、

「やるのが当たり前」

になった時、

人としても会社としても一皮むける、

そのように考えております。


****************************************


【本日のまとめ】

■ 頭では「何をすべきか、何をした方がよいか」を理解しつつ、

  「まあ、そこまでやらなくても・・」

  と手を抜き、勝手に「会社基準」を「自分基準」にすり替えていたとすれば、

  その人もその会社も永遠に変われない。

■ 最初の1歩の段階で、

  「そこまでやらなくても・・」と

  「自分基準」でブレーキをかけるのではなく、

  とりえあず思い切って決められた通りにやってみることが肝心。










posted by 安野 広明 at 18:00| 島根 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする