2017年05月14日

Vol.1637「時には、周りの環境(=付き合う人)に目を向けてみる」


人は

「自分が口にする言葉」と「自分が耳にする言葉」

によって、

セルフイメージをつくり上げている

と言われます。



すなわち

日常的に触れている言葉が、

「ありたい自分の姿」、ひいては

「自分の人生」に多大な影響を与えている

ということ。



これらのうち、

「自分が口にする言葉」は、

自分次第でいかようにも

変えることができるでしょう。



しかし、厄介なのは、

「自分が耳にする言葉」

です。



こればかりは

相手ありきなので、

自分でコントロールすることができません。



例えば、

普段から深く付き合っている人が、

「どうせ無理」「そんなに頑張ったって仕方ない」

などのような

マイナス言葉を多用したとすれば、おそらく

(耳にする側の)セルフイメージも毀損されていくはずです。




では、どうすればよいか?



もしも本気で現状を変えたいのであれば、

付き合う人を変えるしかありません。



具体的には、

直接的に縁を切るとかではなく、


自分が魅かれる言葉を多用し、前向きに頑張っている人たち


とのご縁を深め、

現在お付き合いのある(マイナス言葉が多い)人

と共有する時間を減らすことで、


間接的かつ徐々に付き合う比重を変えていく

のです。




コンサルタントの大前研一氏は、


「人生を変えるには3つしかない。

 それは


 ・時間の使い方を変える

 ・住む場所を変える

 ・付き合う人を変える


 この3つの選択次第で人生は変わる」


とおっしゃっていますが、


個人的には、この中でも、

「付き合う人」が

最も影響を与えるのではないか

と考えています。




時には

自分の周りの環境に、

目を向けてみることも必要かもしれません。


******************************************


【本日のまとめ】

■ 人は

  「自分が口にする言葉」と「自分が耳にする言葉」によって、

  セルフイメージをつくり上げている。

■ 時には

  自分の周りの環境(=付き合う人)に、

  目を向ける必要があるのではないだろうか。








posted by 安野 広明 at 20:57| 島根 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする