2017年05月08日

Vol.1631「会社経営は、ショーの演出に似たり」


子供を連れて

ヒーローもののショーを観に行くと、


「正義のヒーローが悪者を倒す」


というパターンは分かっていても、

子供たちは夢中になるものです。



うちの子なんて、ショーの前に、


「どうせ中におっさんが入っとるんじゃろ?」


と超現実的な発言をしつつも、


悪者が登場すれば本気で怖がったり、

ヒーローとタッチして喜んだりしますので、

いつの間にか没頭するのでしょう。



実際、子供たちは何に魅了されるのかというと、


ヒーローのキャラクターやアクション、

展開されるストーリー、音響や舞台セットなど


によって生み出される(=演出される)「世界観」

だと思います。



たまに

子供以上に興奮している親を見かけますので、

ヒーローものはそれだけ「世界観」が魅力的で、

大人も子供も意識を持って行かれる

のでしょうね。




そして、このことは、

会社に置き換えても

そのまま当てはまります。



それぞれの会社には独自の「世界観」があり、

その「世界観」によって

(現在及び将来の)お客様(=ファン)を魅了できるかが

商売の盛衰を決めるからです。



したがって

お客様が共感・共鳴し、

そこに価値を感じていただけるような(=意識を持って行かれるような)

「世界観」を生み出すための努力を

怠ってはならないと考えています。



具体的に

ここでいう「世界観」を構成するのは、


会社のビジョンや理念であったり、

所属する社員のキャラクター(=人間性)や

仕事のパフォーマンスであったり、

会社としての様々な取組みであったり。



できればそこに

ストーリー性も加われば、

「世界観」の魅力がググッと増し、

人々を惹きつけるはずです。



そういう意味では、経営者は、

ショーや舞台の演出家のような存在

なのかもしれませんね。




ということで、今後とも

ビジネスプラン・ショー、あんの会計劇場を

より魅力的なものとするために、

総合演出家(!?)として邁進して参りますので、


お付き合いの程、

何卒よろしくお願いいたします(笑)


*******************************************


【本日のまとめ】

■ それぞれの会社には独自の「世界観」があり、

  その「世界観」によってお客様(=ファン)を魅了できるかが

  商売の盛衰を決める。

■ 経営者は、ある意味、

  ショーや舞台の演出家のような存在である。









posted by 安野 広明 at 19:36| 島根 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする