2017年04月20日

Vol.1613「“人財”になるための努力に終わりはない」


昨日は

益田・鹿足市域の新入社員合同研修会にて、

1時間ほど講師を務めさせていただきました。



参加者は52名、平均年齢は21歳です。



私(安野)に与えられたテーマは、

「社会人としての心構え」。



専門外の内容ですので

偉そうなことは話せませんが、一応、

新入社員の皆さんよりも先を生きる者として、

自分が経験してきたことを基に

お伝えしたつもりです。



実は、こういったテーマで

若者に1時間みっちりお話しするというのは、

私自身、初体験でして、

自分にとっての挑戦でもありました。



反省点もございますが、

自分なりに気付けたところも多く、

挑戦したことで「学びの種」を手に入れた、

そんな感じです(笑)。



来週も

浜田地域と江津地域で開催されますので、

与えられた役割を果たせるよう

努力したいと思います。


*****************************************


上記の研修で

私がベースとしてお伝えしているのが、

「何のために働くのか?」

という「仕事の目的」の話しと、

「4つのジンザイ」の話し。



とりわけ「ジンザイ」については、

色々な角度から

「人財」になるために必要な心構えや具体的な取組み

について伝えたつもりです。


(ちょっと詰め込み過ぎたかもしれませんが・・汗)




詳細は割愛しますが、

ここで強調しておきたいのは、


いったん社内で「人財」と呼ばれるような存在

になれたとしても、

意識するのをやめて気を抜けば、再び、


人財 → 人材 → 人在 → 人罪


となってしまう可能性がある

ということ。



過去のエントリ(*)で


「人は皆、下りのエスカレーターに乗っているようなもの」 


と書かせていただきましたが、まさに、

あっという間に下がってしまうのが現実なのです。


*ご参照下さい。
   ↓
Vol.1471「下りエスカレーターを駆け上り、“ジンザイ”から“人財”へ」
http://bplan.seesaa.net/article/444456270.html



恐ろしや・・




だからこそ、

1日たりともダラダラ過ごして良い日

なんてありませんし、


「人財」になるための努力を怠ってはならない

と考えております。



自戒を込めて。。。


*****************************************


【本日のまとめ】

■ いったん社内で「人財」と呼ばれるような存在

  になれたとしても、

  意識するのをやめて気を抜けば、再び、

  人財 → 人材 → 人在 → 人罪

  となってしまう可能性がある。

■ 日々、「人財」になるための努力を怠ってはならない。










posted by 安野 広明 at 17:38| 島根 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする