2017年04月17日

Vol.1610「失敗体験は、成功するためのデータである」


ある方に教わったのですが、

大砲の弾を敵に命中させる際、

1発目の弾は、わざと標的よりも遠目を狙うそうです。



そして、遠くに飛び過ぎて

敵を飛び越えてしまったら、

そこから調整して、2発目はわざと

標的よりも手前に落ちるように撃ちます。



こうして敵を挟む形で落ちた

1発目と2発目の間のことを「夾叉(きょうさ)」

と呼び、

3発目はこの夾叉をめがけて撃つことで

命中させるのです。



つまり、1発目と2発目は、

失敗のように見えて、

3発目を成功させるためのデータとなっている

のですね。




これと同じように、

新しく何かに挑戦しようとする際、

100発100中を狙うなんていうのは

至難の業ですし、


1発目で上手く行かなかったからといって

いちいち落ち込んでいたら、

何も行動を起こせなくなってしまいます。



これまで的を外しまくってきた私(安野)なんて、

立ち直ることができません・・(汗)



しかし、

的を外した失敗体験が

成功するためのデータになっていると解釈すれば、

どうでしょうか。



「このやり方では上手く行かないことが分かった。

 だったら次は、こうしてみよう。」


という感じで、

成功に向けて徐々に照準が絞られている

訳ですので、きっと

前向きになれるはずです。




まずは1発、試しに撃って(=挑戦して)みる。



あとはそこから修正していけばよい

と考えています。


***************************************


【本日のまとめ】

■ 新しく何かに挑戦しようとする際、

  100発100中を狙うなんていうのは至難の業である。

■ 的を外した失敗体験が、

  成功するためのデータになっている

  と解釈してみてはどうだろうか。









posted by 安野 広明 at 18:52| 島根 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする