2017年03月31日

Vol.1593「経営計画書は、“手作りの地図”です」


昨日のセミナー(*)でもお話ししたのですが、


経営計画書は「手作りの宝の地図」のようなもの


だと考えています。



*ご参照下さい。
   ↓
Vol.1592「【本日開催】“事業発展の魔法の書、経営計画書の作り方・活かし方”をテーマに、セミナーを開催します」
http://bplan.seesaa.net/archives/20170330-1.html




「人生は旅」だとイメージすれば、

会社は、仲間と共に歩む旅であり、冒険です。



そしてその目的は、

お宝(!?)を見つけ、手に入れること。



ここでいうお宝とは、

ワクワクする「未来像」や「ビジョン」

を意味します。



ただ、

がむしゃらに目の前の草をかき分けながら進んでも、

お宝には辿り着けません。



計画性なく、リーダーの勘を頼りに進んだ結果、

断崖絶壁にぶつかったり

底なし沼にはまったりすれば、

仲間を不幸にするでしょうし、

それでもなお、無理をして突き進めば、

命の危険(=倒産!)すらあり得ます。



だからこそ、

地図(=経営計画書)が必要不可欠。



リーダーが、地図を片手に、

方角や障害物を確認しながら進み、

それを仲間とも共有することで、

全員で力を出し合いながら

未来像に近づいて行ける訳です。




とはいえ、

一足飛びに宝のありか(=未来像)に辿り着くのは難しい・・。



目指す宝の理想が

高ければ高いほど、

10年、20年がかりの長い旅路になるはずです。



なぜならば、

宝を手に入れるに相応しい

チームとしての実力を身に付けるまでに、

時間がかかるから。



旅の途中で、様々な苦難を乗り越え、

メンバー1人1人が成長する過程

を経なければなりません。



したがって、リーダーは、

10年、20年先の目的地を見据えた上で、

とりあえず

1年、3年、5年のスパンで目指すべき経由地点

を定める必要があります。



この、

「どの地点を目指すか」が、

いわゆる「戦略」に該当し、


定めた地点に向けて、

歩くのか、船に乗るのか、ヘリコプターを使うのか

近道を探すのか、遠回りをするのかなど、

「どうやって行くのか」を決めるのが

「戦術」です。



つまり

経営計画書という地図には、


「目的地」と、そこに辿り着くための「戦略」や「戦術」


が書かれているのです。



正直、地図も持たずに冒険するなんて、

少なくとも小心者の私(安野)には

恐ろしくてできません・・。




そして、何よりも大事なのは、

経営計画書に書かれた通りにPDCA(Plan → Do → Check → Action)

を回すこと。



もちろん

PDCAを回していく中で

「戦略」や「戦術」の見直しを余儀なくされることもありますが、

まずはメンバー全員が

書かれた内容を徹底して実践(=地図の通りに進もうと)しない限り、

いくら地図があっても意味をなさないからです。




現在地からスタートして、

目指す未来像(=メンバーや周りの人が幸せをイメージできるような姿)

という宝のありかに辿り着くために、

なくてはならないツール(=地図)


という解釈をすれば、

会社経営する上で、

いかに経営計画書が重要な位置付けなのか、

ご理解いただけるのではないでしょうか。




本日は備忘録を兼ねて。


******************************************:


【本日のまとめ】

■ 経営計画書が無いという状態は、

  地図を持たず、リーダーの勘に頼って冒険をしているようなもの。

■ 経営計画書は、

  目指す未来像(=メンバーや周りの人が幸せをイメージできるような姿)

  という宝のありかに辿り着くために、

  なくてはならないツール(=地図)である。



  






posted by 安野 広明 at 09:40| 島根 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする