2017年02月26日

Vol.1560「能力の差は最大5倍、意識の差は100倍」


先日、とあるご縁で、

ラジオ体操の正しいやり方について

レクチャーを受ける機会がありました。



まず理論の説明を受け、その後、

実際に体を動かしながら、

1つ1つの動きの意味を教わります。



実は弊社では、

毎朝ラジオ体操をしているのですが、

正しいやり方で行うと、

疲労度や効果がまったく異なることが

よく分かりました。



そのうち弊社でも、

レクチャーしていただこうと思っています(笑)。


*************************************


私(安野)がレクチャーを受けた後に

感じたのは、


意識するかしないかで、同じことをやっているつもりでも、ここまで違うのか!?


ということ。



例えば


▼ 肩甲骨を動かすことを意識しながら腕を回す

▼ 指先を意識しながら手を横に広げる

▼ 特定の関節や筋肉を意識しながら曲げたり伸ばしたりする


などなど。



1つ1つの体操を

意識を集中しながら行うのと、

なんとなくダラダラやるのとでは、

(私の感覚では)10倍以上は効果に差が出る

ような気がしました。



それが毎日続く訳ですので、

意識するかしないかの差がどれだけ大きいか、

想像に難くないと思います。




そして、このことは、

仕事に置き換えても全く同じでしょう。



日本電産の永守重信社長も、


「人間の能力の差なんていうのは最大5倍くらいしかないが、

 意識の差は100倍ある」


とおっしゃっていますし。



常日頃から、

「生産性や効率性を上げよう」

とか、

「どうすればお客様に喜んでいただけるだろう」

などと意識している人は、

みるみる成長していきますし、


何も意識せずなんとなく仕事している人は、

生産性が向上するどころか悪化する(!?)

かもしれません・・。




とはいえ

ラジオ体操と同じように、

本人としては「このやり方が正しい」と思い込んで

(間違ったまま)やっている場合もありますので、

なかなか根深い問題なのですが(汗)、

アドバイスする側としては、


(その人が)正しいやり方を理解し、行動が変わるまで伝え切ること


が大切なんだと思っています。


*****************************************


【本日のまとめ】

■ 人間の能力の差は最大5倍くらいしかないが、

  意識の差は100倍ある。

■ (その人が)正しいやり方を理解し、行動が変わるまで伝え切ること

  が大切ではないだろうか。







posted by 安野 広明 at 19:21| 島根 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする