2017年02月16日

Vol.1550「社交性の低い自分が、必ず懇親会に参加する理由」


昨日は、

経営コンサルタントの和仁達也先生のセミナーに

参加しました。


<おすすめ本>

『超★ドンブリ経営のすすめ』(和仁達也 著)
https://www.amazon.co.jp/dp/4478026122/



和仁先生が提唱されている「キャッシュフローコーチ」は、

現在、弊社で取組んでいる「未来会計」との相性が抜群

だということが分かったので、

今後は和仁先生に師事し、

(アウトプットを前提として)学びを深めて行こうと思います。



ちなみに、私(安野)は、

講師が参加する懇親会には

余程のことが無い限り参加する

ようにしているのですが、


昨日も、和仁先生から

「ここでしか聞けないお話し」が聞けて、

大変貴重な時間となりました。



しかも、和仁先生自ら、

懇親会での会話の録音を推奨して下さったので、

お言葉に甘えてICレコーダーをセット。



会話を録音しながら食事したのは初めて

でしたが(笑)、それだけ

講師の本音が聞ける、付加価値の高い時間

ということです。



むしろ、セミナー本編よりも価値があるかもしれません。



にもかかわらず、多くの参加者は、

セミナーが終わったらそのまま帰っちゃうんですよね〜、

もったいない・・。




実は、このことは、

懇親会に出る・出ないといった単純なお話し

ではなく、


その講師からいかに学びを吸収しようとしているか


という姿勢の現れだと思っています。



私の場合、

わざわざ島根県から参加していますので、

その辺りはけっこう必死です(汗)。



講師はもちろんのこと、

セミナー参加者の中に「この人は!」

という人を見つけたなら、

できるだけ接近戦(!?)に持ち込むことを

心がけております。



例えば、

セミナーの休憩時間に質問してみたり、

懇親会でできるだけ近くの席に座ってみたり。



中には

懇親会を純粋に満喫している方もいらっしゃいますが、

私にとっては食事を楽しむとかどうでもよくて、

メモ帳を常備し、

気になる人の話しに意識を集中している

といった感じです。



こんなこと書くと、人によっては、

「そこまでやらなくても・・」

と思われるかもしれません。



しかし

そうやってたくさんの方々から学ばせていただいたことが、

着実に自分の成長や会社経営に生かされている

のは事実です。




同じ時間の中で、

ヒントや学びを拾い出せるかどうかは自分次第。



社交性が低く、(どちらかと言えば)人見知りな私が

必ず懇親会に参加する理由は、

そんなところにあります。


***************************************


【本日のまとめ】

■ 講師が参加する懇親会は、
  
  講師の本音が聞ける、付加価値の高い時間。

■ 同じ時間の中で、

  ヒントや学びを拾い出せるかどうかは自分次第である。








posted by 安野 広明 at 20:24| 島根 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする