2016年12月31日

Vol.1503「“ビジネスマン意識”を持つために必要なツールとは」


愛読書の『月刊致知』1月号の記事にあったのですが、

ゴディバジャパン社長のジェローム・シュシャン氏は、


「物事を成功させていく人とそうでない人の差は何か?」


との質問に対して、


「ビジネスマンかサラリーマンかの違いだ」


と回答されています。



具体的には、

サラリーマンは上の人から言われたことしかやらないため、

自分で考えない。



これに対して、ビジネスマンは、

上手く行かなくとも諦めないで、アクションを継続する

とのことです。



やらされて仕事をしているのか、

常に考えながら行動しているのか、

そもそものマインドセットの問題

だと思いますが、

どちらが物事を成就させる可能性が高いかは

一目瞭然ですよね。




この点、私(安野)は、


「自分の仕事の先にどういう人(お客様)がいるのか?」


「自分の仕事が周りの人にどのような影響を与えるのか?」


を具体的に想像できているか否か

が両者の差として現れる気がします。



なぜなら、

上記のようなことを意識していれば、

必然的に行動も変わるはずだから。




そして、

メンバー1人1人の意識をそちらに向けるためのツールが、

「何のために仕事をするのか?」

という「目的」等を明文化した


「経営計画書」


です。



弊社としても、来年は、

この「経営計画書」の必要性を

積極的にご案内しようと思っています。




社内のメンバーが

サラリーマンではなくビジネスマン意識を持つことで、

来年はますます飛躍の年にして参りましょう。




今年も一年、お世話になりました!


**************************************


【本日のまとめ】

■ 物事を成功させていく人とそうでない人の差は、

  ビジネスマンかサラリーマンかの違い。

■ メンバー1人1人にビジネスマン意識を持ってもらうためのツールが、

  「経営計画書」である。










posted by 安野 広明 at 20:44| 島根 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする