2016年09月29日

Vol.1410「失敗との向き合い方を考える」


人生は一度しかありませんので、

新しいことに取り組もうと思えば、

すべてが初体験となります。



そして

初めてやることがすべて成功するか

と言えば、

全知全能の神でもない限り、無理な話し。



失敗を伴うのは、当たり前です。



ただ、その際に、

最悪の事態を想定しておくことも大切ですが、

失敗を「悪いこと」や「マイナス」と認識してしまうと、

失敗を恐れ、一歩が踏み出せなくなるでしょう。



したがって、

積極的に新しいことに挑戦し、

経験値を高めていくためにも、


失敗に対する解釈を書き換えておく


必要があります。



この点に関しては、

過去のエントリ(*)でも書かせていただいたように、

例えば、木村勝男先生の


「成功したらお金が儲かる、

 失敗したら経験が儲かる、

 行動しないと何も儲からない(=損をする)」


という言葉が参考になるかと思います。


*ご参照下さい。
   ↓
Vol.921「“失敗”を定義付け、解釈を変えていく」
http://bplan.seesaa.net/article/419778069.html



あと、何の本で読んだか忘れましたが、


「自分が諦めない限り、失敗にはならない」


という言葉や、

白駒妃登美先生から教わった、


「人生に壁はない、扉しかない。

 壁が高ければ高いほど、大きな扉になる。」


というのもいいですよね。



ちょっと違う観点では、

植松努先生から教わった、


「明日のために、今日の屈辱に耐えるのだ!(by 宇宙戦艦ヤマト 沖田十三)」


とか、

昨日の次世代リーダーの会(*)の中で

メンバーから教わった、


「死ぬこと以外はかすり傷」(笑)


なんていうのもいいと思います。


*ご参照下さい → http://annokaikei.com/koukeisyanokai.html



このような言葉を

自分の中にストックしておくことで、

失敗に対する過度な恐れを

取り除くのです。



また、言葉で失敗の解釈を書き換える

と同時に、大事だと思うのは、


失敗を恐れず挑戦し続けている仲間を持つ


ということ。



そういったつながりは、きっと、

自分が一歩を踏み出すための後押し

となるはずです。




失敗は決して

「悪いこと」ではありません。


そう思い込んでいるだけです。



いまいちど

失敗との向き合い方を考え直してみても

よいかもしれません。


****************************************


【本日のまとめ】

■ 全知全能の神でもない限り、

  初めて取り組むことに失敗を伴うのは、当たり前。

■ 積極的に新しいことに挑戦し、

  経験値を高めていくためにも、

  失敗に対する解釈を書き換えておく必要がある。

■ 失敗を恐れず挑戦し続けている仲間を持つ

  ということも大事。









posted by 安野 広明 at 15:02| 島根 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする