2016年04月30日

Vol.1258「空白の“未来”を、何によって埋めるのか?」


これからやって来る「未来」は、

誰にとっても空白です。


ある程度予測はできるかもしれませんが、

いつ何が起こるか分からないのが「未来」

というものだと思います。



そしてその空白を、

不安、憂慮、怖れ、苦悩など

で埋めてしまうと、

人は安定を求めるようになります。


いまだに

公務員や大企業を目指す若者が多いのは、

まさにその現れでしょう。



そのこと自体を否定するつもりはありませんが、

ただ、気をつけなければならない

と思うのは、

「とりあえず〇〇に所属しておけば大丈夫」

というような世間の価値観

に縛られてしまうと、

「依存心」が生じやすくなるということ。



そして

何かに依存して生きている人は、

自分がうまく行かない時には

他者や組織を責めるようになり、

人間的成長という意味でも

ブレーキがかかってしまいます。



他方、空白の「未来」を

希望、期待、可能性、向上心、志など

で埋める人は、

安定よりも挑戦を選ぶはずです。


当然ながら

挑戦の数だけ失敗も増えますが、

その責任を他者ではなく自分に求め、

さらに、失敗経験を

次の挑戦へ生かすことができます。



したがって、そういう人は、

「依存心」は薄れ、自立した人間として

成長し続けることができるでしょう。




「未来が分からないから不安だ・・」


「未来が決まっていないからこそ可能性がある!」


どちらとも捉えることはできますが、

やはり後者のスタンスが望ましい

と思いますし、

会社のメンバーにはそうあって欲しい

と願っております。


********************************************


【本日のまとめ】

■ 空白の「未来」を何によって埋めるのかが、

  その後の成長に大きく影響を及ぼす。

■ 安定を求めると、そこに「依存心」が生まれ、

  他責の人生に陥ってしまいがち。  

■ 安定よりも挑戦を選ぶ人は、失敗を次の挑戦へと生かし、

  成長し続けることができる。





posted by 安野 広明 at 16:01| 島根 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする