2015年09月20日

Vol.1035「“自分の内面とのコミュニケーション”は図れていますか?」


「コミュニケーション能力」が

社会人として必要不可欠なスキル

であることは周知の事実ですが、

この「コミュニケーション」には2種類ある

と言われます。


1つは

「自分の外側とのコミュニケーション」、

そしてもう1つは、

「自分の内面とのコミュニケーション」

です。



「自分が考えていることや感じたことを

 人に喋ったり、ブログや日記に書いてアウトプットしましょう」


という内容は、

当ブログで過去に何度も書かせていただきましたし、

様々な自己啓発本でも推奨されていることですが、

そもそもなぜアウトプットが有効かと言うと、

その過程で、必然的に

「自分の内面とのコミュニケーション」がなされるから。


そうすることで

思考が整理されると同時に、

自分の軸や焦点が定まってくるのです。



とはいえ、ほとんどの人は、

普段自分が何を考え、感じているのかを

明確にしないまま人生を過ごしています。


言い換えるなら、

「自分の内面とのコミュニケーション」が充分に図れていない

ということ。



しかし、その状態では

自分の本心を充分に理解できませんので、

「自分の外側とのコミュニケーション」がうまく行かない

かもしれません。



したがって、まずは

「自分の内面とのコミュニケーション」を図り、


自分が何を考えているのか、何を感じているのかに、意識を集中するべき


ではないでしょうか。


そうして

自分の思考を冷静に見つめられるようになって、はじめて、

「自分の外側とのコミュニケーション」も円滑になり、

ひいては

「自分で自分の人生をコントロールできる」

のだと考えています。


********************************************


【本日のまとめ】

■ コミュニケーションには、「自分の外側とのコミュニケーション」と、

  「自分の内面とのコミュニケーション」との2種類がある。

■ まずは「自分の内面とのコミュニケーション」を図り、

  自分が何を考えているのか、何を感じているのかに、意識を集中するべき

  ではないだろうか。


posted by 安野 広明 at 17:12| 島根 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする