2015年04月21日

Vol.883「“アウトプット”で自己成長の歯車が動き出す」


昨日は

第2回目の「自己変革セミナー」(*)を開催。


*ご参照下さい → http://annokaikei.com/jikohennkakusemina-2.pdf


お足元の悪い中お越し下さった皆様には、

心より感謝いたします!


**********************************************


いくら本を読んでもいくらセミナーに参加しても、

一瞬分かった気になるだけで

すぐに元に戻ってしまう。


結局、変わりたくても変われない・・。


そんな悪循環を打破するための「考え方」と「方法論」

をお伝えしたのが、

昨日のセミナーです。



私(安野)自身、

自分が変われないことに悩み苦しみ、

それなりの自己投資と実践の中で

学んだことでもあります。

(正直、セミナー参加費の〇百倍以上の投資はしてきました・・汗)


まあ、

「考え方」や「方法論」が分かったところで

行動を起こすか起こさないか、

変われるか変われないかは

ご本人次第なんですけどね。


セミナーの中でもお伝えしましたが、

知識として理解しただけで変われる

ことはあり得ませんし、あくまで

行動を起こすためのきっかけ

を提供させていただいたつもりです。



ちなみに

自分なりに過去を振り返ってみると、

自己成長の歯車が噛み合い始めたのは、

当ブログを利用して


アウトプット(=言語化)するようになってから


だと思います。


アウトプットすることで

脳内メモリにスペースが生まれ、

さらなるインプットを求めてアンテナが立ち、

加速度的に学びに対して貪欲になっていく。


そんな好循環が生まれるのです。



もしもアウトプットをしなければ、

インプットばかりが増えて

あっという間に脳内メモリのキャパを超え、

消化不良や食傷気味になってしまうでしょう。


そうすると

アンテナの感度が鈍り、やがて

学ぶこと自体が億劫になるかもしれません。


これでは

「変わりたくても変われない・・」という

悪循環に戻ってしまいますよね。



したがって、

まずは日記・ブログ等によって

アウトプットの第一歩を踏み出し、


「インプット → 脳内で咀嚼 → アウトプット(=自分の言葉で学びを吐き出す) →

 脳内メモリにスペースができる → さらなるインプット → 脳内で咀嚼・・」


という好循環を生み出すことがポイントではないか

と考えております。


******************************************


【本日のまとめ】

■ アウトプットすることで脳内メモリにスペースが生まれ、

  さらなるインプットを求めてアンテナが立ち、加速度的に学びに対して貪欲になっていく。

  そんな好循環を生み出すことで、自己成長の歯車が回り始めるのではないだろうか。


posted by 安野 広明 at 16:42| 島根 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック