2015年02月27日

Vol.830「“根っこづくりの経営”のご案内」


昨日は、夕方から

益田木鶏クラブを開催。


毎回、メンバーの諸先輩方から

多くの学びや気付きをいただいております。


やはり

どのような環境に身を置くかは重要ですね。


*****************************************


木鶏クラブの中で、ある経営者の方が、

事業が順調に進んでいる時には

「何事にも感謝の心が大切ですよ」

と自信を持って言えるけど、

事業がうまくいかなかったり失敗した時に、

「感謝すればうまくいく」とか

「与えられた苦難にも感謝」とか

そんなこと言ってられないのが本音だ

とおっしゃっていました。



そのご意見には

メンバーの多くが賛同され、

私(安野)自身も思わず頷いてしまいました(笑)。


自分が逆境に立たされ、心に余裕が無い時には、

「感謝をすればうまくいく」

という言葉が信じられなくなりそうなことも

(過去に)あったからです。



しかし、だからといって

「感謝なんてきれいごとだ」

で終わらせてしまっては意味がないと思います。


せっかく

木鶏クラブ等で学び続けている訳ですし

(おそらく、その経営者の方も同じ気持ちのはず)。



そして、そんな時に

経営者に勇気と希望を与えてくれるのは、

「きれいごと」と思えることを「きれいごと」で終わらせずに

結果を出し続けていらっしゃる中小企業の存在(=他社事例)

ではないでしょうか。


実は、

このような「他社事例」や「経営者としての考え方」など

を分かりやすく書いてある本があります。


それが、こちらです。
    ↓
<おすすめ本>
「根っこづくりの経営」(渡辺雅文著)
http://www.e-denen.net/index.php/books?_id=26



ちなみに、とあるご縁がきっかけで

私も推薦文を書かせていただいております。


ご覧になっていただければ分かるのですが、

私以外の推薦人は超有名な方々!


*ご参照下さい。
   ↓
http://www.e-denen.net/index.php/books?_id=26



私のような小粒っ子が

推薦文を書かせていただくことは

100万年早いため、一度は辞退したのですが、

出版元の文屋様の再度のご依頼にて

大変恐縮ながらお引き受けさせていただいた次第です。



まあ、私の推薦文はともかくとして(汗)、

素晴らしい本ですので、

よろしければ是非ご一読下さいませ!


******************************************


【本日のまとめ】

■ 「きれいごと」と思えることを「きれいごと」で終わらせずに

  結果を出し続けていらっしゃる中小企業の存在(=他社事例)が、

  経営者に勇気と希望を与えてくれる。


posted by 安野 広明 at 13:09| 島根 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック