2021年04月05日

Vol.3059「コロナによって浮き彫りになった、経営者の視点」


(コロナ前の)平常時から、

将来を見据えた長期的な視点で

経営を行ってきたかどうか?



このことが、図らずも

コロナによって浮き彫りになりました。



近視眼的に

目先の対応に追われていたり、

流行ばかり追いかけてきた会社は、

ここまで激的に環境が変化すると、

次の一手を打つにしても

行き当たりばったり感が否めません。



なぜなら、戦略を持たず、

何の準備もしてこなかったからです。



これに対して、

長期的な視点を持ち、

将来の種を蒔きながら経営をしてきた会社は、

コロナは想定外だったとしても、

これまでの準備が生かされたり、

やるべきことが明確になっていて、

わりとすんなり対応できている

ような気がします。



常日頃、

最悪を想定しながら準備しているため、

社員に変化対応力が身に付いている

のも大きいでしょう。



この点に関して

私(安野)が思い出すのが、

二宮尊徳翁の以下のエピソードです。


(ここから)
  ↓
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−ーーーーーーーーー

有名な秋ナスの話がある。


天保4年(1833年)の初夏、

ナスを食べたら秋ナスの味がした。


地上は初夏でも地中はすでに秋になっている

と感じた尊徳は、

桜町の農民にヒエを播くよう指示した。


果たせるかな、

その年は冷害で稲は実らず凶作になったが、

桜町では飢える者は一人も出なかった。


尊徳の抜きん出たところは、

冷害は一年では終わらないと判断し、

桜町の農民に天保5、6、7年と続けて

ヒエやアワ、大豆を植えさせ、

それを蓄えさせていったことである。


尊徳の予想通り、大凶作は

天保7、8年と続いて大飢饉となり、

全国の餓死者は数十万人にも及んだ。


だが、桜町の餓死者は皆無だった。


尊徳の深い遠慮が桜町の村民を救った

のである。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−ーーーーーーーーー
  ↑
(ここまで)


*『人生の法則』(致知出版社)より抜粋



尊徳翁の予見力、準備力は、

現在の経営に置き換えるならば、まさに

長期的な視点での「遠きをはかる経営」、

私なりに言い換えると、

「桃栗経営」(*)です(笑)。


http://annokaikei.com/media



それはさておき、

エピソードからも分かるように、

社員を救えるかどうかは、

そこにいるリーダーがどれだけ長期的な視点

を持っているか否かにかかっています。



とりわけ、ピンチの時にこそ

それが浮き彫りになるのです。



もしもこれまで

近視眼的な経営だった・・

と思われる場合でも、

決して遅くはありません。



「頑張る木こり」状態から脱することは、

いつでもできます。


* ご参照下さい。
  ↓
Vol.2192「“頑張る木こり”になってませんか?」
http://bplan.seesaa.net/article/462829423.html



そのためにも、まずは

刃を研ぐ時間(=戦略について考える時間)

を設けるのがよいでしょう。



そして、その際にはぜひ、

経営計画書(*)をご活用下さい。


http://annokaikei.com/plan-2



現在、数量限定で

サンプル版(*)を贈呈中です!


http://bplan.seesaa.net/archives/20210401-1.html



お問い合わせはこちらから。


http://annokaikei.com/contact


****************************


【本日のまとめ】

■ 将来を見据えた長期的な視点で

  経営を行ってきたかどうか?が、

  コロナによって浮き彫りになった。

■ 社員を救えるかどうかは、

  そこにいるリーダーがどれだけ長期的な視点

  を持っているか否かにかかっている。



<<<  お知らせ  >>>

「桃栗(ももくり)メルマガ」(無料)を始めました。

毎週月曜日の配信予定です。

メルマガでしかないご案内もあります。

よろしければ、こちらからご登録下さい!

https://prime.shien-juku.com/index.php?action=R1&a=78&g=4&f=8


posted by 安野 広明 at 22:54| 島根 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする