2021年03月02日

Vol.3025「肩の力を抜いて勝つ経営」


ワークマンといえば、もともと

作業服業界というニッチな市場で

有名な会社ですが、ここ数年、

一般客向け新業態のワークマンプラスで

急成長を遂げています。



昨年、ついにわが町にも、

ワークマンプラスができました ^^



この新業態の仕掛人が、

創業者の甥にあたる土屋哲雄専務。



実質的な経営者として、

会社の舵をとっていらっしゃいます。



その土屋専務のインタビュー記事が、

愛読している日経トップリーダー3月号に

掲載されていました。



思わず首肯してしまう箇所が

いくつもあったのですが、

中でも印象に残ったのは以下の部分。


(ここから)
  ↓
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

トップこそ凡人でいい。

会社に突出した人はいりません。

突出したリーダーで伸びた会社は

100年続かないと思います。


特に我々のような

「第2世代」はいわば脱力の経営、

組織で力を抜いて勝つ方法を

考えることが大切だと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(脱力するにはどうしたらよいか?の質問に対して)


簡単なことですよ。

余計な仕事をせずに、

やるべきことに集中することです。


日本人は真面目過ぎるのです。

真面目だから業績を伸ばそうとして、

あれもこれもやらなければと思い、

たくさんの目標をつくり、

期限を定め、ノルマで社員にプレッシャーを与える。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

分かりやすい例でいうと、

「それは私の仕事ではありません」

と言っていいのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  ↑
(ここまで)



恐れ多いのですが、

私(安野)もまったく同感です。




社員全員でエイエイオー!みたいな、

肩に力が入った昭和タイプの経営は、

とっくの昔に限界を迎えました。



また仮に、

創業者のようなバイタリティやカリスマ性

を持ち得ない後継者が、創業者に負けじと

変に力の入った経営をすれば、

組織に歪みが生じてしまうでしょう。



もちろん、

時代の変化に対応すべく、

新たなチャレンジはすべきなのですが、

少なくとも後継者が、

自らの実力を社内で誇示するために、

肩に力が入ったり、

何者かになろうとするのは違うのかなと。



そういう意味で、土屋専務が

トップは凡人でいい

と言い切っているのは、

(凡人の私にとって、)

まさに我が意を得たりという感じです。


(まあ、私からすれば土屋専務は凡人ではないのですが・・)



その上で、

やるべきことに集中する。



経営者はすべての仕事において

完ぺきでなければならないのか?

というと、

そんなことはありません。



創業者は、

一から自分でつくり上げて来たから

けっこう詳しい。



しかし、後継者となると、

自分よりも年次の高い社員の方が

詳しかったりするものです。



そこで張り合ったりせず、

その事実を謙虚に受け止め、

任せるべきは任せて

自分にしかできないこと(=やるべきこと)を

徹底的に追求する。



これこそが、

経営者のあるべき姿ではないでしょうか。



つまり、

皆で役割分担をして、

それぞれの強みを発揮しながら、

組織をよい方向へ導いていく

ということ。




・・会社の目的の一つは、

永続することです。



そのためにも、

肩の力を抜いて勝つ経営

を目指しましょう!



本日は、備忘録ということで。


*****************************


【本日のまとめ】

■ 「第2世代」はいわば脱力の経営、

  組織で力を抜いて勝つ方法を

  考えることが大切である(by 土屋専務)

■ 皆で役割分担をして、

  それぞれの強みを発揮しながら、

  組織をよい方向へ導いていくのが望ましい。



<<<  お知らせ  >>>

「桃栗(ももくり)メルマガ」(無料)を始めました。

毎週月曜日の配信予定です。

メルマガでしかないご案内もあります。

よろしければ、こちらからご登録下さい!

https://prime.shien-juku.com/index.php?action=R1&a=78&g=4&f=8


posted by 安野 広明 at 23:59| 島根 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする