2021年01月05日

Vol.2969「人生を喜劇にするために」


喜劇王と呼ばれた

チャールズ・チャップリン。



私(安野)は昔から好きで、

チャップリン映画をよく観ていました。



高校生の頃には、

分厚い自伝を読んだほどです。



そのチャップリンに、

こんな名言があります。



「人生は、部分で見ると悲劇だが、

 全体を見れば喜劇だ」



その時には

不幸としか思えない出来事が、実は、

その後の人生を好転させるために

不可欠な出来事だった

なんてことは、

往々にして起こるもの。



それを「悲劇」と「喜劇」

に例えて表現している

のだと思います。



言い換えれば、


人生を長い目で見る、または、


起きた出来事を

「点」ではなく「流れ」で捉える、


と解釈できるでしょう。



自分に対しても、相手に対しても、

「流れ」で捉える(=長い目で見る)

ことができれば、

少しは心が軽くなるはずです。



ただし、最終的に

喜劇として楽しむためには、

重要なポイントがあります。



それは、


「点」を「結論」で終わらせない


ということ。



つまり、「結論」ではなく

(人生好転の)「原因」にするために、


起きた出来事から学び、次に生かす


のです。



そのための努力を怠り、

十年一日のごとく、

ただ漫然と過ごしている人は、

点と点がつながりませんし、

好転してくことはあり得ません。



場合によっては、

悲劇のまま終わってしまうでしょう。




人生を(誰にとっても幸福な)喜劇

にするためにも、


「経験からの学びを次につなげる」


ことを意識したいものです。


********************************


【本日のまとめ】

■ 「人生は、部分で見ると悲劇だが、

  全体を見れば喜劇だ」(by チャールズ・チャップリン)

■ 人生を(誰にとっても幸福な)喜劇

  にするためにも、
 
  「経験からの学びを次につなげる」

  ことを意識したいもの。



<<<  お知らせ  >>>

「桃栗(ももくり)メルマガ」(無料)を始めました。

毎週月曜日の配信予定です。

メルマガでしかないご案内もあります。

よろしければ、こちらからご登録下さい!

https://prime.shien-juku.com/index.php?action=R1&a=78&g=4&f=8



posted by 安野 広明 at 22:48| 島根 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする