2020年12月02日

Vol.2935「読書感想文のすすめ!?」


学生時代に

読書感想文を書くのが好きだった

という人はあまりいない

と思います。



課題図書を与えられ(もしくは自分で本を選び)、

決められた文字数(枚数)の感想を書く・・



私(安野)自身、

苦痛だったイメージしか残ってません(汗)。



おそらく、大人になっても

苦手意識を引きずっている人は

多いでしょう(私を含め)。



ですので、会社から、

感想文の提出を強制されようものなら、

心の中では「あ〜めんどくさ〜」

となるはずです。



ちなみに、弊社では、

毎月、社内木鶏会(=『月刊致知』を用いた社内研修)

を行っており、その際、

月刊致知の推薦記事を読んだ上での感想を、

A4用紙1枚の3分の2程度のスペースに

書いてもらいます(もちろん、私も書きます)。



かれこれ8年以上続けてますが、

毎回、社員さんの苦労の跡

が見受けられるので、

皆さん、「あ〜めんどくさ〜」と思いながら

書いているのかもしれません w




ただ、私自身、

やっていて思うのは、

インプット(=読書)した内容を咀嚼し、

自分の言葉に変換して

アウトプットする(=感想文を書く)ことで、

(読書によって得られた学び(=価値)の)

その後の残り方が違ってくる

ということ。



「簡単に手に入れたものは

 簡単に価値を失い、

 苦労して手に入れたものは

 なかなか価値を失わない」


と言いますが、

まさにそんな感じです。



そのように考えると、

読書に投じた時間とお金が

無駄にならぬ(=すぐに価値を失わぬ)よう、

面倒臭くとも

できる限りアウトプットは

すべきだと思います。


(とはいえ、

 文章を読み込まず(=自分の中で咀嚼せず)、

 表面的にさらっと読んで、とりあえず文字で埋める

 ようなアウトプットの仕方では、

 意味がありませんが・・)



したがって、

もしも社内で

何かしら読書の取組みをなさっている、

もしくはこれから始めるのであれば、

社員に「あ〜めんどくさ〜」と思われたとしても(笑)、

「読書感想文」までやられることを

おすすめします。



何かのご参考までに。


*********************************


【本日のまとめ】

■ 簡単に手に入れたものは

  簡単に価値を失い、

  苦労して手に入れたものは

  なかなか価値を失わない。

■ 社内の仕組みとして、

  読書感想文を取り入れてみてはどうだろうか。




<<<  お知らせ  >>>

「桃栗(ももくり)メルマガ」(無料)を始めました。

毎週月曜日の配信予定です。

メルマガでしかないご案内もあります。

よろしければ、こちらからご登録下さい!

https://prime.shien-juku.com/index.php?action=R1&a=78&g=4&f=8


posted by 安野 広明 at 21:50| 島根 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする