2020年10月31日

Vol.2903「性格の上にあぐらをかいてはいけない」


「これは自分の性格だから仕方ない」


そういって言い訳したり、

やりたくないことから

目を背けたりしたことは

誰にでもあるでしょう。



例えば、私(安野)の場合、

人見知りが激しい、協調性がない、

偉い人やオラオラ系やバリバリ系の人が苦手、

人前で喋るのが苦手、1人が好き(笑)

などの性格を理由に、

人が集まる場に積極的に参加するのは

極力避けてきました。


(ただし、出張先での懇親会などは、

 情報収集のために出るようにしています)



我ながら、

器が小さいな〜と思うのですが(汗)、

同時に、このままだと

いずれ成長が止まるかも・・と感じている

今日この頃です。



人の性格というのは、

放っておけば、歳を重ねるごとに

凝り固まるでしょうし。




では、性格は変えられるのか?



この点、性格は、


学ぶことでいくらでも変えることができる


と、以前、

致知出版社の藤尾秀昭社長に

教えていただきました。



その上で、


偏った気質を直す工夫をしないのは横着者だ、


性格の上にあぐらをかいてはいけない、


とも。



・・う〜ん、

胸にグサッとくる言葉です。



そしてそのためのヒントが、


▼ 私淑する人(または憧れる人)を持つ

▼ 魂に触れる本を読む

▼ 人生のあらゆる出来事を逃げないで舐めつくす

▼ 一心不乱に仕事に打ち込む

▼ 縁ある人の面倒見のよい人になる


とのこと。



上記のヒントを見る限り、

知識だけではなく、

あたかも川の流れの中でぶつかって丸くなった

河原の石のように、


実体験の中で様々な困難にぶつかっていくことで

いくつかの要素が削れたり、磨かれたりして、

徐々に性格がつくり変わっていくのでしょう。




まだまだ未熟な私ですが、

歳を重ねるごとに

よりよい性格へと改善していけるよう、

引き続き、

自らと向き合って参ります。



何かのご参考までに。


*****************************


【本日のまとめ】

■ 自分の性格は、

  学ぶことでいくらでも変えることができる。

■ あたかも川の流れの中でぶつかって丸くなった

  河原の石のように、

  実体験の中で様々な困難にぶつかっていくことで

  徐々に性格がつくり変わっていくはず。



<<<  お知らせ  >>>

「桃栗(ももくり)メルマガ」(無料)を始めました。

毎週月曜日の配信予定です。

メルマガでしかないご案内もあります。

よろしければ、こちらからご登録下さい!

https://prime.shien-juku.com/index.php?action=R1&a=78&g=4&f=8


posted by 安野 広明 at 22:45| 島根 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする