2020年10月23日

Vol.2895「沢根スプリング、沢根社長からの学び」


先日の「人財塾」(*)では、

沢根スプリング(株)の沢根孝佳社長(65歳)

のお話を拝聴しました。


http://annokaikei.com/wp-content/uploads/28865c02d6f6ca583aed9f89bc703121.pdf



同社は、静岡県浜松市で

ばねの製造販売をされており、

売上高約8億円、社員数は53名。



「日本でいちばん大切にしたい会社」大賞の

中小企業庁長官賞をはじめ、

数多くの賞を受賞されている、

素晴らしい会社です。



今回の講義では、

後半のパートで「経営計画作成講座」がある

のを見越して、わざわざ

同社の経営計画書をお持ち下さっていました。



私(安野)も中身を拝見しましたが、

すごいのひと言。



36歳で事業を継がれた際に

すぐ計画書作りに着手され、

30年かけてブラッシュアップしてきた

というのだから、

かなり洗練されています。



やはり、いい会社には、

立派な理念があるだけでなく、

経営計画によって

「長期ビジョン」や「戦略」を明記しているのだと、

改めて感じました。



あと、沢根社長が

前半で経営計画書に触れて下さったお陰で、

後半パートの講師を担当した私は、

とてもやりやすかったです(笑)。



以下、印象に残ったワードを

書き記します。



▼ 会社を永続させるには適正規模が望ましい

▼ 腹八分目経営 →いつも100%ギリギリだと辛い

▼ 経営で困るのは人とお金

▼ どうやって飯を食うか?

▼ いい人・いい会社と付き合うことに尽きる

▼ 経営計画書を作っている企業は8割が黒字

▼ 10年ビジョンをつくるのは社長の役割

▼ 経営はジグソーパズルと同じ 

  →真っ白だとつまらない、絵を描く

▼ ばねではなく、スピードを売っている

▼ 戦略のストーリーを描いている

▼ 会社というのは経営理念を実現する場

  →すべて経営計画書に書いてある

▼ 事業構造を変えていかないといけない

▼ 人生を豊かにする5つの領域

  →仕事、お金、健康、人間関係、趣味

▼ 経営改革の原点は、「モノづくりは楽しいですか?」

▼ 厳しさも必要 →いい加減のストレッチは必要

▼ 人を大切にするだけだとダメ

▼ 財務と労務を、人並み以上にコツコツやるしかない

▼ 戦略の優先順位は、

  @商品力・製品力 Aサービス力 Bビジネスモデル

▼ うちにしかできない →差別化

▼ 効率重視は、個性がなくなりがち

  非効率は、考える機会や人間力向上につながる

▼ 成長する →本を読む、いい人と会う、旅をする

▼ すべては考え方、価値観、解釈、心の世界

  →やり方よりもあり方

▼ 大切なのは、「働き方改革」ではなく「楽しみ方改革」

▼ おもてなしは、人間力が無いとできない

▼ 経営計画書を作ると、会社の中が少しずつ変わっていく


などなど



弊社にとっても、

どんぴしゃの内容でした。



沢根社長、ありがとうございます!



本日は備忘録ということで。



<<<  お知らせ  >>>

「桃栗(ももくり)メルマガ」(無料)を始めました。

毎週月曜日の配信予定です。

メルマガでしかないご案内もあります。

よろしければ、こちらからご登録下さい!

https://prime.shien-juku.com/index.php?action=R1&a=78&g=4&f=8


posted by 安野 広明 at 23:27| 島根 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする