2020年09月09日

Vol.2851「“桃栗経営のすすめ”の3作目が完成しました」


平成26年と28年に制作した小冊子『桃栗経営のすすめ』

の続編(3作目)が出来上がりました。



これで

「桃栗(ももくり)三部作」

の完成です(笑)。



1作目は「弊社のカンパニーカラー」である緑、

2作目は「桃」をイメージしたピンク、

そして3作目の今回は、

ブログを開始してもう少しで8年ということもあり、

「桃栗3年柿8年」という諺にかけて、

「栗」と「柿」をイメージした色

になっています。



こんな感じ。


IMG_3918.JPG



実は、元ネタはすべて、

当ブログの過去の記事。



ですので、

「ブログの副産物」

と言った方がよいかもしれません。



弊社のニュースレターをお届けしている先には

10月に郵送いたしますが、

もしもそれ以外の方で、ご希望の際は、

以下のリンク先からお問合せいただければ

送付いたします(*送料のみご負担いただきます)。


http://annokaikei.com/contact




ここからは、

「はじめに」よりの抜粋です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

本小冊子のタイトルにある「桃栗経営」とは、

3年先、5年先、10年先を見据え、

将来にわたって果実を得るため、


「将来への種を蒔きつつ、桃や栗を育てるように

 地道にコツコツと取り組む経営、

 またそれによって、関わるすべての人が幸せになる経営」


を意味します。


「桃栗三年柿八年」のことわざと会社経営を掛け合せて、

私がつくった造語です。


同タイトルの小冊子を平成26年と28年に発行し、

今回で3作目になります。


1作目からの6年間で、

世の中は大きく変わりました。


とりわけ、AI(人工知能)という言葉を頻繁に耳にするようになり、

すでに各分野で実用化も進んでいます。


このAIが経営に与えるインパクトは計り知れず、

多くの業種において、

いまの事業形態のままでは生き残りが難しくなるでしょう。


またそれに加え、

中国武漢に端を発した新型コロナウイルスの感染拡大により、

経済は停滞し、かつ、人々の生活様式が大きく変わりつつあります。


中小企業にとっては、

ますます舵取りが難しくなってきました。


まさに、濃霧の中を進むような感覚です。


ただし、そんな先行き不透明な時代だからこそ、

焦って目先の利益に飛びつくような行動は危険だと思っています。


まずは、

「経営者としての志」「会社の夢、ありたい姿」「果たすべき役割」など

をしっかりと見つめ直し、

これから先の会社としての方向性を定め、

社内で共有することが大切です。


その上で、お客様へ価格以上の価値提供ができるよう、

もしくは、

時代に対応した新たな価値を創造できるように、

商品・サービスや、社員の専門性・人間性を磨かなければなりません。


日々、地道にコツコツと磨き続けるしかないのです。


派手さや即効性はありませんが、

これが将来への種蒔きとなります。


「売上1年、利益3年、人10年」

と言われるように、とりわけ、

人材を育てるには長い年月を要しますので、

社員教育や、社員がやりがいをもって働ける環境づくりには、

いち早く取組む必要があるでしょう。


そうやって、少しずつ、人が育つ土壌ができ、

社員1人1人の根っこが太く、長く、強くなれば、

やがてそれらが幹を支え、枝葉を支え、永続的に果実を生み出します。


そしてその果実を、社員やそのご家族はもちろんのこと、

地域を含めた、関わるすべての人と分かち合うことで、

皆が幸せになれるというのが、

私のイメージする「桃栗経営」です。


「そんなのは綺麗ごとだ」

と思われるかもしれませんが、全国に目を向ければ、

現にそういった経営を実現されている会社はたくさんあります。


したがって、

ご縁のある皆様には、ぜひ「桃栗経営」的な発想で、

永続的な発展を実現していただきたいと願っているところです。


さて、本小冊子では、

2500日以上継続している私のブログ『一生勉強 一生青春』をベースに、

「桃栗経営」の考え方に通ずる記事を掲載しました。


先の趣旨からお分かりの通り、

テクニック的なことは一切書いていませんが、

中小企業の経営者やリーダーが、日々悩まれる中で、

多少なりとも考え方のヒントになれば幸いです。


私自身、いまだ学びの途上であるだけに大変おこがましい気もするのですが、

日々試行錯誤する中で得た「思考の集積」が、

多少なりとも読まれた皆様のお役に立てば嬉しく思います。


2020年9月  安野広明 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(ここまで)



本日は、ご案内ということで。



posted by 安野 広明 at 22:47| 島根 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする