2020年07月25日

Vol.2805「すべての起点を“お客様の感じる価値”に置く」


商売をする上で

最も気を付けなければならないのは、

いつの間にか、

「自分視点」、「自社視点」に陥ってしまうことです。



アフターコロナに向けて、

次なる手を準備している人は多い

と思いますが、


「自分(自社)は○○をしてみたい!」

「自分(自社)には○○ができる!」

というのと、

「お客様は○○を求めている」

とは、似て非なるもの。



常に

「お客様の感じる価値」にフォーカスし、

そこを起点に考えなければなりません。



たまに、

「自分の好きなことを仕事にしたい」

といって

独立や転職をする人を見かけますが、

もしも「お客様視点」が欠け、

「自分視点」になっているとすれば、

期待した成果は得られない

と思います。




また、ここでいう

「お客様の感じる価値」は、

時代の流れと共に変化していきます。



もちろん、

ビフォアーコロナとアフターコロナでも

変わるでしょう。



だからこそ、

ビフォアーコロナの感覚のまま

商売をしていては、危険です。



それはあたかも、

射撃ゲームで的の位置が変わっているのに、

元々あった位置を狙い続けているようなもの。



そのままでは、いつまで経っても、

射撃音が虚しく響くだけでしょう。



したがって、

「お客様視点」がどのように動いていくのか?

を注視しなければなりませんし、


そのためにも、

シンプルな方法ではありますが、

できればトップ自ら、

お客様のお困りごとやニーズを

直接聞きに行くといった姿勢が

必要ではないでしょうか。



そのように考えています。


**********************************


【本日のまとめ】

■ 商売をする上で

  最も気を付けなければならないのは、
 
  「自分視点」、「自社視点」に陥ってしまうこと。

■ 常に「お客様の感じる価値」にフォーカスし、

  そこを起点に考えなければならない。

■ できればトップ自ら、

  お客様のお困りごとやニーズを

  直接聞きに行くといった姿勢が

  必要ではないだろうか。




<<<  お知らせ  >>>

「桃栗(ももくり)メルマガ」(無料)を始めました。

週1〜2回の配信予定です。

よろしければ、こちらからご登録下さい!

https://prime.shien-juku.com/index.php?action=R1&a=78&g=4&f=8


posted by 安野 広明 at 20:33| 島根 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする