2020年07月19日

Vol.2799「もう“直感経営”は止めにしましょう!」


いくら立派な理念やビジョンを掲げたとしても、

お金が尽きて事業が立ち行かなくなれば、

社員を守れない上に、

応援して下さっているお客様を

裏切ることになります。



したがって、

会社経営における「ビジョン」と「お金」とは、

車の両輪のようなもの。



どちらも欠くことができませんし、

事業を継続させるためには、

「お金」としっかり向き合い、


「どうやって利益を稼ぐのか?」


を真剣に考えなければなりません。



当然といえば当然ですけど・・。



しかし、実際のところ、

経営者の中には、

いくらこういった話をお伝えしても

お金(=数字)から目をそらし、


「目の前の仕事を一所懸命やっていれば、

 そのうち利益は出るだろう」


みたいな、

直感や感覚で経営をされる方も

けっこういらっしゃいます。

(→これを「直感経営」と呼ぶことにします)



信じられないと思われるかもしれませんが、

それが現実なのです。



ただ、今回のコロナショックによって、

ほとんどの会社は、否が応でも

お金の問題と真剣に向き合わざるを

得なくなりました。



会社として生き残るかどうかは、

最終的にはお金で決まるという事実を、

再認識されたのではないか

と思います。



したがって、この機会に、

事業構造の見直しを含め、


「どこに手を打って利益を出していくのか?」


を徹底的に考えるべきでしょう。



そしてその際には、ぜひ、

「未来会計」(*1)や「経営計画書」(*2)

をご活用下さい(笑)。


*1 http://annokaikei.com/future

*2 http://annokaikei.com/plan




とにかく最悪なのは、

じっとして嵐が通り過ぎるのを待つだけで、

何も行動を変えないことです。



その先には、おそらく、

明るい未来は待っていません。



もう、「直感経営」は止めにして、

「ビジョン」と「お金」の両立を

目指して参りましょう!


*********************************


【本日のまとめ】

■ 会社経営における「ビジョン」と「お金」とは、

  車の両輪のようなもの。

■ コロナを機に、

  事業構造の見直しを含め、

  「どこに手を打って利益を出していくのか?」

  を徹底的に考えましょう!



<<<  お知らせ  >>>

「桃栗(ももくり)メルマガ」(無料)を始めました。

週1〜2回の配信予定です。

よろしければ、こちらからご登録下さい!

https://prime.shien-juku.com/index.php?action=R1&a=78&g=4&f=8


posted by 安野 広明 at 20:58| 島根 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする