2020年07月04日

Vol.2784「“人間資本主義”の時代において、永続企業を目指すために」


企業が保有する経営資源のうち、

商品・サービスの価値は、

時代やお客様のニーズの変化に伴って

変わります。



またお金の価値は、

インフレになれば下がるし、

不動産や株式の価値も、

市場価格によって上下するでしょう。



このように、

ほとんどの価値が変動する中で、

唯一、外部環境によって

変動しない経営資源があります。



それが、「人財」です。



したがって、

経営を行う上では、この、


人間の価値を高める努力


を怠ってはいけません。



常に学びの機会を設け、

専門性と同時に、人間性を磨く。



そうして人が育てば、

それはそのまま、

企業自体の成長につながります。



バブルが崩壊しようが、

コロナショックだろうが、

人間の価値(=人間資本)だけは

積み上がっていくのです。



この考えは、

資本主義でも社会主義でもない、

いわば、「人間資本主義」

と言えるかもしれません。




そしてそれらの

「人財」の中心に位置付けられるのが、

経営者自身の価値だと思っています。



「組織は、トップの器以上にならない」


の格言にある通り、

経営者が人財として成長することが、

他のメンバーにもよい影響をもたらし、

人間資本全体の価値形成

につながるのです。




・・ということで、

経営者としてまだまだ未熟な私(安野)は、

「人間資本主義」の時代において

永続企業を目指すために、

これからも精進して参ります!



何かのご参考までに。


**********************************


【本日のまとめ】

■ ほとんどの価値が変動する中で、

  唯一、外部環境によって

  変動しない経営資源が、「人財」である。

■ 「人財」の中心に位置付けられるのが、

  経営者自身の価値。

■ 経営者の成長なくして、組織の永続はあり得ない。

posted by 安野 広明 at 23:33| 島根 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする