2020年06月30日

Vol.2780「目的のネジは緩んでいませんか?」


「何のために事業を行うのか?」

「何のために仕事をするのか?」


といった会社の目的は、多くの場合、

経営理念やビジョンとして掲げられます。



そして、

その目的がどこにあるかによって、

メンバー1人1人の行動範囲は変わり、

また、目的に共感した人が

新たなメンバーとして加わってくれるはずです。



もちろん

メンバーや行動が変われば、

最終的な仕事の成果も違ってきますので、

それだけ、

会社の目的というのは、

重要な位置付けと言えましょう。



しかしながら、

この目的に対する1人1人の意識は、

ネジと同じで、すぐに緩みます。



たまに、

ホコリをかぶった(もしくは黄ばんだ)状態で

経営理念が社内に飾られている(=忘れられている)

のを見かけますが、

それはあたかも

経年劣化して錆びつき、ネジが緩みきったようなもの。



そのままでは、

まったく目的としての意味を為しません。



したがって、本来、

毎日、ネジを締め直す必要があります。



ちなみに、弊社では、

毎朝、経営計画書に掲載している

経営理念やビジョンの唱和を行っており、

これも、締め直すための仕組みの一つです。



ただ、

経営計画書を作り、唱和してすら、

私(安野)自身、時には

緩みそうになるのが正直なところ(汗)。



それほど、

人間の意志力は弱い

ということですね・・。




少なくとも、現在、

ネジを締め直す仕組みがなく、

目的のネジがゆるゆるになっているのであれば、

会社の目的が機能するよう

仕組化してみてはどうでしょうか?



そして、その際にはぜひ、

経営計画書(*)をご活用下さい。


http://annokaikei.com/plan



以上、何かのご参考までに。


*************************************


【本日のまとめ】

■ 会社の目的に対するメンバー1人1人の意識は、

  ネジと同じで、すぐに緩むもの。

■ ネジを締め直す仕組みがないのであれば、

  会社の目的が機能するよう

  仕組化してはどうだろうか。


posted by 安野 広明 at 22:19| 島根 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする