2020年06月11日

Vol.2761「“目標”は変えてもいいが、“目的”は変えない」


飛行機が巡航速度で進んでいる時には、

空を飛んでいることすら

忘れてしまうものです。



パイロットも、目標となる地点を設定したら、

あとは自動操縦システムにコントロールを委ね、

落ち着いていられるでしょう。



しかしコロナ禍の今は、まさに、

乱気流の中を飛んでいるようなもの。



場合によっては、

目標地点を変更し、

緊急着陸せざるを得ないかもしれません。




経営に置き換えると、

期初に立てた短期事業計画(=目標数値)の

大幅な変更が必要となる

ということ。



計画を立てる際、さすがに

これほどの外部環境の変化は

折り込んでいないはずなので、

それ自体は仕方ないと思います。



ただここで、

目標と混同してはいけないのが、

目的(=経営ビジョン)について。



大変な事態だからといって、

目的まで見失うことがあってはいけません。



目的は、

あたかも北極星のように、

一生かけてもたどり着けないけれども、

会社の方向性を指し示してくれるもの。



にもかかわらず、

混乱下で目的をないがしろにし、


「(仮に会社の目的からズレたとしても、)

 どんな手段を使ってでも、

 お金さえ儲かればいい」


と、目先の利益に囚われてしまうと、

危険です。



向かう方角が誤っている訳ですので、

今はよくても、中長期的には、

猛獣の潜むジャングル(!?)みたいなところに不時着し、

存続が危ぶまれる可能性もあるでしょう・・。




「目標」は変えていいけれども、

「目的」は、どんなに非常事態でも変えてはならない。



このことを、

肝に銘じておきたいものです。


*************************************


【本日のまとめ】

■ 大変な事態だからといって、

  目的まで見失うことがあってはいけない。

■ 「目標」は変えていいけれども、

  「目的」は、どんなに非常事態でも変えてはならない。



posted by 安野 広明 at 21:56| 島根 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする