2020年06月02日

Vol.2752「“日常のルーティン”が人間を強くする」


冒険家で作家の、故C・W・ニコル氏は、

「どんなタイプの人が極限状態の中で強いか?」

について、


「体力でもない。勇気でもない。

 寒気と嵐の中で何日も耐え抜くことのできる人間は、

 礼儀正しいタイプのメンバーだった」


とおっしゃっていたそうです。



極地探検の際、

いつ嵐が過ぎ去るか分からず、

テントに閉じ込められて何日も待つ

となると、

誰もが苛立ち、時には口論にもなります。



そんな中で、

最後まで耐え抜くことができるのは、


「礼儀正しい人」


なのです。



朝起きて、(男であれば)髭を剃り、

髪をセットし、歯を磨く。



顔を合わせると、

笑顔で「おはよう」と言う。



できるだけ身綺麗にして、

荷物の整理を忘れない。



体格がよくて、

いかにも強そうな男でも、

雑な人は、意外と頑張れなかった・・

というのは、

とても興味深いエピソードだと思います。


* 『月刊致知』6月号を参照




そして私(安野)は、

ここでいう「礼儀正しさ」は、

「日常のルーティン」に置き換えることができる

と解釈しました。



周囲との接し方を含め、

自分の中でやると決めたことをやり続ける。



それはたとえ、

忙しくて手一杯の時でも、

ネガティブな感情に囚われた時でも、

ないがしろにせず、投げやりにならず、


ルーティンを淡々とこなし、

自分に対しても周りに対しても、

「礼儀正しくある」

ということです。



実際、現在のようなコロナ渦中においても、

コロナ前から、

やると決めたことを淡々と継続している人は、

過度に振り回されることなく、冷静に対処し、

むしろ、チャンスを掴もうとされている、

そんな印象すら受けます。



そういう意味では、

地味だし、使い古された言葉かもしれませんが、


「日常のルーティン」によって精神力が鍛えられ、人間を強くする


と言えるのではないでしょうか。



そんなことを考えました。



・・本日は、備忘録を兼ねて。


***************************************


【本日のまとめ】

■ 極限状態の中で

  最後まで耐え抜くことができるのは、

  「礼儀正しい人」である。

■ 「日常のルーティン」こそが人間を強くする

  と言えるのではないだろうか。

posted by 安野 広明 at 22:23| 島根 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする