2020年01月19日

Vol.2617「"書く”訓練を積み重ねる、これが私の生きる道」


人前で話すのが得意な人は、

文章を書くのも得意かといえば、

必ずしも、そうとは限りません。



なぜなら、話す場合には、

内容が曖昧なままでも、

その表情や身振り手振りによって

相手に伝わることがあるのに対し、

書く場合には、

そうもいかないからです。



実際、文章だけで、

こちらが言いたいことを

相手に正確に伝えようと思えば、

話すのとは異なるスキル(文章力)を

要します。




では、その逆はどうでしょうか?



つまり、

文章で書けることが、人前でも話せるか

と言えば、

私(安野)の経験上、

かなりの確率で、こちらは整合します。



もちろん、人前だと、

緊張したりして上手く話せない

なんてこともあり得ますが、

いったん書き出して、思考を整理した内容は、

それなりに話せるようになるものです。



したがって、もしも

人前で話すのが得意でない方は、まずは、

書く力を鍛えてみてはいかがでしょうか。




私なんて、経営者という立場上、

人前で話す場面は増えましたが、

もともと職人タイプの人間のため、

喋るのは苦手でして・・。



会議や会食の場で、

流暢にお話される経営者の方々を見ると、

「すごいな〜」と、

羨望の眼差しを向けてしまうほど。



とはいえ、

経営者の自分がまったく話せないのも致命的なので、

ある時、


「自分は、書く力を鍛えよう」


と心に決めました。



というか、いまさら

話し方教室に通うのも現実的ではありませんし、

それくらいしか選択肢がなかったのが、

正直なところですけど・・。



だからこそ、こうして日々、

ブログ等を通じて、

訓練を続けているつもり。




・・書く訓練によって、話す力を身に付ける。



PUFFYの歌ではありませんが(笑)、


「これが私の生きる道」


なのだと思っています。



何かのご参考までに。


****************************************


【本日のまとめ】

■ 書く力と話す力とは、比例する。

■ 人前で話すのが得意でない人は、

  書く力を鍛えることを考えてみてはどうだろうか。


posted by 安野 広明 at 22:15| 島根 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする