2019年11月27日

Vol.2564「日本一の会計事務所が大切にしていること」


昨日は、

朝から大阪へ移動。



伊丹のブックランドフレンズ(*)に立ち寄り、

河田店長と情報交換&本の購入をした後、


10月に弊社経営計画発表会で基調講演をおつとめいただいた、

天明茂(てんみょうしげる)先生の勉強会へ。


http://www.honyakamo.com/



100名近い経営者が

参加されていました。



約3年前に、天明先生が起ち上げた

「人間力大学校」の推薦人には、

稲盛和夫氏、鍵山秀三郎氏、村上和雄氏、野田一夫氏など、

そうそうたる方のお名前があるのですが、

今回、改めて、

天明先生の人脈の広さや人望の厚さを

目の当たりにした気がします。



懇親会では、

突然のご指名で挨拶までさせていただき、

よい経験になりました(笑)。



天明先生、ありがとうございます!


***********************************


昨日の勉強会では、

(株)日本経営ホールディングスの名誉会長である小池由久氏も、


「事業発展の極意 〜天明先生から学ばせて頂いた考え方〜」


と題して、お話しされました。



日本経営といえば、

グループ売上319億円、スタッフ約2500名という、

日本一の規模を誇る会計事務所です。



ご講演の中では、

小池名誉会長が経営の中で大切にされていること

を分かりやすく教えて下さり、

また、懇親会では、

個別に色々と質問させていただくこともでき、

今後の自社の方向性を検討する上で参考になる、

非常に有意義な時間でした。



それにしても、

小池名誉会長にしろ、

弊社が長年ベンチマークしている古田土会計の古田土満先生にしろ、

共通しているのは、

めちゃくちゃ熱い!ということ。



その、自然と溢れ出す情熱が、

スタッフやお客様の心を

揺り動かすのでしょうね。




以下は、備忘録ということで(一部のみ)。


▼ 仕事において、何で勝負するか? → 竹刀か、木刀か、真剣か

▼ 挨拶にもレベルがある(*その場で正しい挨拶を実践して下さいました)

▼ 知ったらできたと錯覚してしまう

▼ 創業者とは、「会社の課題を自分の課題と捉える人」

▼ 人を動かすには、こちらから発信するしかない

▼ 社内木鶏会の継続 → 『月刊知致』2100冊(!)を毎月スタッフに配っている

▼ 経営の改善は、人の改善

▼ 人の改善は、人の心の改善

▼ 人財の定義4つ @辞めない人、A仕事ができる、B人を育てる、C事業を創る

▼ 職場の基準行動(*実際に活用されている小冊子をいただきました)

▼ 一点集中突破 → 点なら誰でもオンリーワン、ナンバーワンになれる

▼ それをつなげば線になり、線を集めると面になる


などなど。



小池名誉会長、ありがとうございました!


posted by 安野 広明 at 23:39| 島根 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする