2019年11月26日

Vol.2563「言葉で未来を形づくるために」


SNSの普及に伴い、

昔に比べると、

「自分の言葉」を使わないことが

増えているようです。



代表的なのが、

LINEのスタンプ。



9月の弊社特別講演会で講師をおつとめいただいた、

S・Yワークスの佐藤芳直先生もおっしゃっていましたが、

最近は、男女間でお付き合いを始める際の告白にまで、

スタンプを用いる若者が多いのだとか。



う〜ん、それってどうなのでしょう・・



確かに、スタンプは便利です。



しかし、

自分の感情をスタンプに託すというのは、

ある意味、思考の省略ですし、

何より、言葉に対する感度が失われてしまう

気がします。



「あの人にこういう言い方をしたら、どう思うだろう?」


「もっとこんな表現にした方が、伝わるだろうか?」


などと、

試行錯誤した上で言葉を届け、

その際の相手の反応を観察することによって、

伝える側の感性が育まれ、

表現力が磨かれ、

伝える力が身に付くのではないでしょうか。




当然ですが、

経営をする上では、

お客様や社員に対して

スタンプでやり取りする訳にはいきません。



むしろ、

先行き不透明なこれからの時代において、

経営者やリーダーに求められるのは、

既成のスタンプを取って付ける

ようなことではなく、


まだ見えない、形の無い未来を、

言葉によって形づくっていくこと

だと思います。



それは例えば、

「経営理念」だったり、「ビジョン」だったり、

「未来像」だったり。



実際に、未来の姿を言語化するのは

簡単ではありませんが、この、


「言葉で未来を形づくれるかどうか」


が、組織の盛衰を分ける

と考えています。



だからこそ、

経営者やリーダーは、

言葉に対する感度を高め、

表現力を磨き続ける必要があるのです。




ちなみに、弊社では、

未来の言語化のツールとして、

経営計画書の作成(*)をおすすめしています(笑)。


http://annokaikei.com/plan/lectures



過去のご感想は、こちらからどうぞ。
  ↓

Vol.2529「経営計画作成集中講座のご感想をいただきました」
http://bplan.seesaa.net/article/471059013.html


Vol.2530「経営計画作成集中講座のご感想をいただきました 2」
http://bplan.seesaa.net/article/471022637.html


Vol.2549「経営計画作成集中講座のご感想をいただきました 3」
http://bplan.seesaa.net/article/471462785.html



ご興味のある方は、

ぜひ、ご検討下さいませ!


************************************


【本日のまとめ】

■ 試行錯誤した上で言葉を届け、

  その際の相手の反応を観察することによって、

  伝える側の感性が育まれ、表現力が磨かれ、

  伝える力が身に付くのではないだろうか。

■ 「言葉で未来を形づくれるかどうか」

  が、組織の盛衰を分ける。


posted by 安野 広明 at 23:06| 島根 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする