2019年11月24日

Vol.2561「時には“電気ショック”も必要です」


先日、子供と一緒に、

地域の防災訓練に参加してきました。



益田消防署の方に、

消火器の使い方を教わったり、

人形を使って胸骨圧迫や人工呼吸を体験したり、

AEDの使い方を教わったり。



特にAEDについては、

中を開けて見たことすらなかったので、

大変参考になりました。



病気や事故はもちろんのこと、自然災害等、

どこで何が起こるか分からないご時世ですので、

大切な人を守るためにも、

必要不可欠な知識だと思います。



ところで、

AEDの講習を受けながら、ふと、


「事業を行う中でも、電気ショックが必要な場面はあるな〜」


と感じました。



それは例えば、

いくら頑張っても儲けが残らず、

お金が回らない状況の時。



人間でいうと、

心拍がほぼ停止し、

体内の血液がうまく循環していない状態

と同じでしょうか。



そういう時、数字(金額)は、

残酷なまでにリアルな経営実態を現しますので、

オーナーとしては、

あまり見たくはないはず。



しかし、そこをあえて、

われわれのような、

経営サポートをする立場の人間が、

あたかも、電気ショックを与えるかのごとく、

現在の数字について、

できるだけ分かりやすく、

数字が苦手なオーナーにも伝わるように説明し、

現実を知っていただくのです。



オーナーによっては、

かなり落ち込んでしまう方もいらっしゃいますし、

伝える方としても辛いのですが、

こればっかりは、避けて通れない

と考えています。



ただし、

そこで終わってはダメ。



現実を踏まえ、

「どこに手を打っていくのか?」

を検討しなければなりません。



もちろん、

答えを持っているのも実践するのも

オーナー自身ではありますが、


われわれが関わることで、

数字を用いて目標値を定めたり、

方針を一緒に考えることによって、

オーナーの頭の中を整理し、

やるべきことを明確にし、

未来に希望を抱いていただくのです。



これは、

「希望提供業(*)」を目指す、

弊社の役割でもあります。


* ご参照下さい。
   ↓
Vol.2509「会計事務所から、“希望提供業”へ」
http://bplan.seesaa.net/article/470654192.html




ということで、これからも、

お客様の明るい未来に少しでも貢献できるよう、

時には、電気ショック的なこと(!?)も行いつつ、

中小企業をサポートしてこうと思った次第。



防災訓練を受けながら、

そんなことを考えました。


*************************************


【本日のまとめ】

■ 事業を行う中で、電気ショックが必要な場面はある。

■ 現在の数字について、できるだけ分かりやすく、

  数字が苦手なオーナーにも伝わるように説明し、

  現実を知っていただくのも、その一環。



posted by 安野 広明 at 19:30| 島根 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする