2019年11月19日

Vol.2556「やるべきことをやり切った先に、第U領域が見えてくる」


仕事には、


「会社全体として、最低限、やらなければならないこと」


と、


「その人独自のプラスアルファの価値」


とがあります。



前者を、

「時間管理のマトリックス」(*)でいうところの、

第T領域(=緊急性も重要性も高い)、

後者を、

第U領域(=緊急性は低いけれど重要性が高い)

と、

ざっくり分けることができる

かもしれません。

(間違ってたらすいません 汗)


http://www.franklinplanner.co.jp/learning/selfstudy/ss-17.html



当然ですが、

第T領域を先延ばしにすれば、

全体的な仕事は滞ってしまいます。



その状態で、いくら

第U領域に時間を使ったとしても、


「あ〜、あの作業の期日が間に合いそうにない・・」

「あ〜、そういえばあの件、早く回答しないと・・」


みたいに、ふと、

心のどこかで(第T領域の未済事項が)気にかかってしまうはず。



それだと、

読書や人脈づくりや息抜き(←いずれも第U領域)などをしていても、

心から楽しめないばかりか、

何よりも、

やらなければならないことをしていない自分

が、嫌になってしまうでしょう。



結果として、

自尊心は毀損され、

何をやっても充実感が得られないという、

悪循環に陥っていく・・



私(安野)自身、何度も経験があるので、

よく分かります(汗)。




だからこそ、まずは、

第T領域の仕事を徹底してやり切る。



そして、

余剰時間を生み出した上で、

その時間を第U領域に充てる。



こういった「順序」を意識することで、

全体的な仕事がスムーズに流れ、

人生に充実感をもたらすのではないか

と考えています。



本日は、短めで。


***************************************


【本日のまとめ】

■ やらなければならないことを先延ばしにしていると、

  自尊心は毀損されていく。

■ まずは、第T領域の仕事を徹底してやり切って、

  余剰時間を生み出した上で、

  その時間を第U領域に充てる。

  そういった「順序」を意識することが、

  大切ではないだろうか。


posted by 安野 広明 at 23:07| 島根 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする