2019年11月17日

Vol.2554「将来、自分の人生を後悔しないために」


仕事でも生活でも、

楽をするのは簡単です。



自分のことだけ考えればよいので、

誰にでもできます。



ただ、楽を選び続けて

それなりの年齢を重ねた人が、

何かをきっかけに、いざ、


「いままでの人生、もっと挑戦しとけば良かった・・」


と気付いたとしても、

たいていの場合、

そこから頑張るだけのエネルギーは

残っていないでしょう。



長年、寝たきり状態だった人が

急に運動をすると、骨折してしまう

のと同じで、

それまでに(精神的な)足腰を鍛えてこなかったのだから、

なおさらです。



そうなると、

自分の人生に後悔しか残らない

ような気がします。


(ある意味、気付かない方が良かったくらい)



少なくとも私(安野)は、

そんな人生にしたくはないし、

弊社の社員さんにも、

そうなって欲しくはありません。




思うに、

人生における一番の幸せは、


人から必要とされること


ではないでしょうか。



そして、もし仮に、

楽を選び続ければ、

「必要とされる存在」

にはなり得ず、むしろ、

すべてが自己中心的で、

周りに迷惑をかける可能性

すらあります。



結果として、

幸せな人生とはかけ離れてしまう

かもしれません・・。




楽を選び続けて不幸になっていく

よりも、


「楽ではなかったけど、楽しく、幸せな人生だった」


と言える。



そんな人生にしていくためには、

やはり、いくつになっても、


(自分なりの)地道な努力を継続する必要がある


のでしょうね。



そんなことを考えました。


*************************************


【本日のまとめ】

■ 「楽ではなかったけど、楽しく、幸せな人生だった」

  と言える、そんな人生にしたいもの。

■ そのためには、いくつになっても、

  自分なりの地道な努力を継続する必要がある。



posted by 安野 広明 at 23:03| 島根 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする