2019年11月11日

Vol.2548「“1ミリの穴でもダムは崩れる”という教え」


「千丈の堤も蟻の一穴から」


という諺の通り、

ほんのわずかな油断から、

大きな失敗につながることがあります。



組織もこれと同じで、

「このくらいはいいだろう」

と思って1人がとった行動が、

全体の不調和や気の緩みを生み出し、

組織としての規律が一気に崩壊してしまう

なんてことになりかねません。



たった1ミリの穴でも、

ダムは崩れるのです。



おそらく、

何をやっても中途半端に終わる組織

というのは、この、

「たった1ミリ」を見て見ぬふりをしたり、

暗黙の了解で認めてしまっている

のだと思います。



とりわけ、

経営者やリーダーなど、

上の立場に位置付けられている人ほど、

気を付けなければならないでしょう。



なぜなら、

周りの人たちからその言動を注目される上に、

もしも、

言っていることとやっていることに食い違いがあれば、

「上司もやっているからいいだろう」

となるから。



だからこそ、リーダーは、

自律心や克己心を鍛えなければならない

のです。




ただ、決して、

1ミリの油断やミスも許さない、

ガチガチの組織を目指す

という意味ではありません。



むしろ、個人的には、

本人の主体性によって動ける、

自由な組織の方が望ましいと思っています。



つまり、ここでいう「自由」の定義が、

組織として最低限のルールは守った上での自由

だと言いたいのです。



したがって、

組織全体のために取り決めたルールを守らずに、

自由なふるまいをしている人(=自分勝手な人)

は注意すべきだし、


ルールを守った上で、

独自の工夫を取り入れている人には、

その個性をさらに発揮できるようサポートする

のが、

マネジメントだと考えています。




・・まあ、とりえあえず、

経営者である私(安野)自身が、

社内ルールを守れているのか、

自分の胸に手を当ててみる必要がありそう(汗)。



「千丈の堤も蟻の一穴から」

「1ミリの穴でもダムは崩れる」


という教えを忘れないように、

心がけたいものです。


***********************************


【本日のまとめ】

■ 「このくらいはいいだろう」

  と思って1人がとった行動が、

  全体の不調和や気の緩みを生み出し、

  組織しての規律が一気に崩壊してしまう。

■ 「千丈の堤も蟻の一穴から」

  「1ミリの穴でもダムは崩れる」

  の教えを忘れないように、

  心がけたいもの。


posted by 安野 広明 at 23:36| 島根 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする