2019年11月06日

Vol.2543「"ありがとうの好循環”に入るために」


「ありがとうと言ってくれて、ありがとう」


とは、

益田ドライビングスクール(*)の創業者、

故小河二郎氏が遺された言葉です。


https://mland-masuda.jp/



「与えることはもらうこと」

とか

「与えよ、されば与えられん」

といった言葉と同様に、


他者貢献が、結果として

自分にとっての喜びや幸福感につながること

をシンプルに表した、

深い言葉だと感じます。



まさに、

過去のエントリ(*)でも書かせていただいた、

「ありがとうの好循環」

ですね。


* ご参照下さい。
   ↓
Vol.2265「人生は“ありがとう”を集める旅路なり」
http://bplan.seesaa.net/article/463951041.html




ただし、この好循環に入るためには、


自分がしてもらっていることに気付ける感受性


を育まなければなりません。



なぜならば、

してもらっていることに感謝できない、

感謝力の低い人は、

なかなか自分から「ありがとう」と

周りの人に伝えることができず、

「ありがとう」の循環が

途絶えてしまうからです。



むしろ、そういう人は、

相手が「ありがとう」を言ってくれないことに対しては

けっこう敏感で(笑)、

それを不満に思ったりします。



やがて、

「周りが〇〇してくれない」

「会社が〇〇してくれない」

といった、

くれない族(*)になったとすれば、

好循環どころか、

まさに悪循環・・と言えましょう。


*ご参照下さい。
   ↓
Vol.1565「“くれない族”から“与える集団”へ」
http://bplan.seesaa.net/article/447553854.html




幸せは、他人から与えられるものではなく、

自分で感じるものです。



歴史や世界に思いを馳せれば、

今の日本に生まれただけでも

幸せなはずなのに、

なんだかんだ言って、現在、

恵まれていることに気付けない人は、

いつまで経っても幸せになれない気すらします。



「ありがとうと言ってくれて、ありがとう」


の好循環に入るためにも、

まずは感謝力を高めること、


そしてもちろん、

相手に喜んでいただくだけの価値提供ができるよう、

自らのスキルを高める努力を絶やさないことが不可欠

だと考えています。



・・自戒を込めて。


*************************************


【本日のまとめ】

■ 「ありがとうの好循環」に入るためには、

  自分がしてもらっていることに気付ける感受性

  を育まなければならない。


posted by 安野 広明 at 22:59| 島根 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする