2019年11月02日

Vol.2539「“人を大切にする経営実践講座”のご感想をいただきました 5」


先日終了した、

「人を大切にする経営実践講座」(*)

の参加者より、

ご感想をいただきました。


http://annokaikei.com/wp-content/uploads/kaikeijissen_20190513.pdf



以下にまとめて、ご紹介します。


(ここから)
  ↓
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

講座を通して、本当に多くの学びや気づきをいただきました。


特に感じたのが、経営理念を基に、仕事の目的やビジョンを明確にし、

それを共有することの重要性です。


実際にベンチマークで、

人本経営を実践されている会社を見学させていただきましたが、

どの会社も、目的やビジョンの共有化がしっかりとできており、

社員がとても明るく前向きに仕事に取り組んでいる姿が印象的でした。


我が社も理念や行動指針を、一人ひとりが更にしっかりと自分の中に落とし込み、

全員で共有できるように、社内研修等で取り組んでいきたいと思います。


社長は日頃から「自分の役割は社員を幸せにすること」と言われています。


それを実現し、一人ひとりの社員が主役となって、

明るく前向きに働ける環境を創るために、

講座での学びを活かしていきます。


小林先生、安野先生、本当にありがとうございました。


(自動車教習所 T.N 様)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  ↑
(ここまで)

(ここから)
  ↓
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

率直な感想としましては、会社における業務は、

日々同じことの繰り返しで、いつしか、

「何かを改善する」という意識が希薄になっていたと思います。


この度の実践講座では、漠然とではありますが、

そこで働いている「人を大切にする」をテーマとして会社の経営や改善をしていくことが、

弊社に大きな力を発揮できるのではないかと考えれるようになりました。


まず小さなことでも構わないので行動してみたいと思っています。


個人として、

・社内環境の改善。(整理・整頓)

・各従業員に対し週1回の承認をしてみる。


会社として

・トップダウンによるやらされている意識を自らがやっている意識への転換を目指す。

・有給消化率を数字に表してみる。その上で有給消化率の向上を目指す。


そして、人本経営は、

すぐすぐに達成できるものではなく、

日々新しい問題にぶち当たるものだとも教えて頂きました。


何をもって完成という形がないため、

継続の必要性と良いものへ容易に変更する意識をもって、

弊社の風土を作って行きたいと思います。


いろいろな経営セミナーに参加してみましたが、

形として実践することがなかなかできないでいました。


しかし、人本経営は、着手の仕方がいろいろな方向から可能であり、

ちょっとしたことから取り組めるものでした。


また「人を大切にする」という普遍の目標があり、

ぶれることがないため、継続しやすいものだと思います。


(測量設計業 T.T 様)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  ↑
(ここまで)

(ここから)
  ↓
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

特に印象に残っているのが、

四国と大阪への見学ツアーです。


様々な会社の事例や雰囲気を直接感じれたことは、

普段の生活のなかでは体験できないことなので、参加してよかったです。


各社長に共通していることとして、

勉強家で熱量が高く、社外への発信が上手な 印象を受けました。


自分の意見、考えをはっきりと述べることは

マイナスに作用することもありますが、

正しいことを発信、行動することこそが

人を集める魅力になっているのではないかなと思いました。


また、社員といっても同じ人間で、

悪い人もいれば良い人もいる、

真面目な人もいれば不真面目な人もいるということで、

発信することで同じ価値観を持つ人が 集まったり

優秀な人が集まる仕組みができ、

さらなる会社の発展に結びつく良い流れができるのではないか

と思いました。


つくづく思うのは、仕事とは「人」ですべてが決まるということです。


会社はその「人」で成り立つわけですので、

すこしでも価値観が合う、優秀な人(頭の良いとかでなく人として)

に出会えるように、

経営者としてレベルを上げないといけないなと強く思いました。


良い流れや強い組織を作るのが経営者の仕事ですので、

目先の仕事も大事ですが、

先を見据えた行動を心掛けたいと改めて思った講座でした。


(土木設計業 H.M 様)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  ↑
(ここまで)

(ここから)
  ↓
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

昨年度に引き続き2回目の参加となりました。


昨年度は、人本経営とは何か?

分からないままの参加で、

実際にアクションを起こせずに終わってしまいました。


今年度は受講にあたり、

必ず行動を起こすと決意して受講しました。


結果として、少しづつではありますが、

社内で人を大切にする経営に向けた取り組みができたことは、

大きな成果であったと思います。


人本経営については、直ぐに成し得られるものではなく、

長年の積み重ねの上に達成できるものだと思います。


日々、人本に基づいて考え、行動することが肝要です。


また、社内外に同じ志を持った同志を多く作ることが大切である

と学びました。


本講座で同じ志を持った他社の皆様方と、貴重な時間を過ごし、

共に学べる機会をいただけたことに感謝致します。


最後に、本講座の企画を頂きました安野様、

そして学びを頂きました小林先生に、深く感謝申し上げます。


(匿名希望)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  ↑
(ここまで)


皆様、熱いご感想をありがとうございました!


・・本日は、ご紹介ということで。


posted by 安野 広明 at 21:45| 島根 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする