2019年11月18日

Vol.2555「ただ“続けばよい”というものではない」


当ブログを書き始めて、

本日で丸7年(=2555÷365日)が経過しました。



7年といえば、それなりに長期間。



途中で、

「もうやめようかな〜」

と思ったことは何度もあります。



身を持って、

「続けることの難しさ」

を経験しました。



また同時に、


「ただ“続けばよい”というものではない」


とも感じます。



そこに、

本人の成長や進化がなければ、

続ける価値はあまり無いでしょう。



そういう意味では、

当ブログは、続いてはいるけれども、

まだまだ未熟極まりない

というのが実態です(汗)。



当面の目標である10年まで、あと3年。



達成時には、

成長した自分に出会えるよう、

地道に頑張りたいと思います!(笑)




そして、このことは、

会社に置き換えても同じです。



よく、


「企業の目的は永続することだ」


と言われるように、

会社には、創業者はもちろんのこと、

関わったすべての方々の想いが集積していますので、


会社を継続させ、

次世代に想いをつないでいくことは

とても大事でしょう。



しかし、これもまた、

ただ漫然と続けばよい

訳ではありません。



そこに、

働いている人の成長や、組織としての進化

が無ければ、

続ける価値はないと思うのです。



時々刻々と外部環境が変化しているにもかかわらず、

成長も進化もなく、

ただ生き永らえているだけの会社は、

やがて時代に取り残され、

場合によっては、

社員を物のように扱ったり、顧客を見下したりして、

社会にとって悪影響を及ぼしかねませんし・・。




ということで、

少なくとも私(安野)自身は、

個人も会社も、


「成長や進化を伴う継続」


を積み重ねていこう

と思った次第。



7年目の節目に、

自戒を込めて、

そんなことを考えました。


***********************************


【本日のまとめ】

■ 何事も、そこに成長や進化がなければ、

  続ける価値は無い。

■ 個人も会社も、

  「成長や進化を伴う継続」

  を積み重ねていきたいもの。


posted by 安野 広明 at 23:12| 島根 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月17日

Vol.2554「将来、自分の人生を後悔しないために」


仕事でも生活でも、

楽をするのは簡単です。



自分のことだけ考えればよいので、

誰にでもできます。



ただ、楽を選び続けて

それなりの年齢を重ねた人が、

何かをきっかけに、いざ、


「いままでの人生、もっと挑戦しとけば良かった・・」


と気付いたとしても、

たいていの場合、

そこから頑張るだけのエネルギーは

残っていないでしょう。



長年、寝たきり状態だった人が

急に運動をすると、骨折してしまう

のと同じで、

それまでに(精神的な)足腰を鍛えてこなかったのだから、

なおさらです。



そうなると、

自分の人生に後悔しか残らない

ような気がします。


(ある意味、気付かない方が良かったくらい)



少なくとも私(安野)は、

そんな人生にしたくはないし、

弊社の社員さんにも、

そうなって欲しくはありません。




思うに、

人生における一番の幸せは、


人から必要とされること


ではないでしょうか。



そして、もし仮に、

楽を選び続ければ、

「必要とされる存在」

にはなり得ず、むしろ、

すべてが自己中心的で、

周りに迷惑をかける可能性

すらあります。



結果として、

幸せな人生とはかけ離れてしまう

かもしれません・・。




楽を選び続けて不幸になっていく

よりも、


「楽ではなかったけど、楽しく、幸せな人生だった」


と言える。



そんな人生にしていくためには、

やはり、いくつになっても、


(自分なりの)地道な努力を継続する必要がある


のでしょうね。



そんなことを考えました。


*************************************


【本日のまとめ】

■ 「楽ではなかったけど、楽しく、幸せな人生だった」

  と言える、そんな人生にしたいもの。

■ そのためには、いくつになっても、

  自分なりの地道な努力を継続する必要がある。



posted by 安野 広明 at 23:03| 島根 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月16日

Vol.2553「目には見えない“ご縁”を大切に」


最近、つくづく感じるのが、


目には見えない「ご縁」の不思議


です。



先日の、

境野勝悟先生の塾に参加した時にも、

神奈川、愛知、岡山、静岡、埼玉、島根から、

経営者や院長先生、十数名が集まりました。



年齢もバラバラで、

多くの人は、この塾が無ければ

出会うことはなかったであろう方々です。



生まれた環境も、働く業界も、

歩んできた人生も全く異なる人が、

何かに導かれたような形で、

ある時、出会う。



同塾は、

オープンなものではないので、

なおさら、強いご縁を感じざるを得ません。



まあ、

私(安野)はまだまだ新米ですので、

境野先生や、同塾で10年・20年学んでいらっしゃる

諸先輩方に教えていただくことばかりですが、

これからも、

この摩訶不思議なご縁を大切にしたい

と願っています。




そして、同様に、

社員さんやお客様とのご縁

というのも不思議です。



たまたま同じ時代に生まれ、

社会に数多くある会社の中から

偶然にも当社を選び、

ご縁がつながった訳ですので、

何かに導かれているとしか思えません。



かくいう私自身、

あの時、会計士を目指さなかったら、

あの時、先代が亡くならなかったら、

今の会社には入っていないはずなので、

これもまた、

導かれたのでしょう。



もちろん、

会社を辞めたり、お客様が離れたりして、

いったん太くなったご縁が

細くなることはあります。



残念ながら・・



しかし、

出会ったことには意味があるし、


「この世に意味のないことは無い」


と思うようにしています。




少なくとも、

いまあるご縁は大切にしつつ、

また、これから出会うであろう方々

とのご縁を楽しみに、

日々を過ごしたいものです。



そんなことを考えました。


************************************


【本日のまとめ】

■ この世に意味のないことは無い。

■ いまあるご縁は大切にしつつ、

  また、これから出会うであろう方々

  とのご縁を楽しみに、

  日々を過ごしたいもの。


posted by 安野 広明 at 23:25| 島根 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする