2019年10月16日

Vol.2522「いい会社になりたければ、いい会社と付き合うべし」


昨日は、

ごうつ企業魅力向上TOPセミナーの開講式に、

オブザーバーとして参加。



ゲスト講師は、

人を大切にする経営学会会長の、

坂本光司先生でした。



坂本先生といえば、

「人を大切にする経営」を世に広めたパイオニア

であり、

ご著書の『日本でいちばん大切にしたい会社』は、

シリーズ累計70万部を超えるベストセラー

となっています。



また、弊社で開催している

「人を大切にする経営実践講座」も、

坂本先生のお考えがベースになっていますし、

かつ、

メイン講師の小林秀司先生は、

坂本先生の一番弟子です。



そんな大御所(!)である坂本先生のご講義は、

過去にも何度か拝聴していますが、

やはり今回も、言葉の1つ1つが重く、

ズシリと胸に響くものがありました。



以下、私(安野)の心に残った言葉(一部)です。


▼ 異常が長く続くと、異常なことが正常に思える

▼ 会社は家族 → 利益は皆で分け合えばいい

▼ 経営者や管理職が重視すべきは、社員とその家族

▼ 社員が重視すべきは、顧客と仲間

▼ 社員のモチベーションが高い会社は業績もよい

▼ ESなくしてCSなどあり得ない

▼ ぶれない企業は例外なく社員第一主義

▼ 業績も大事だが、あくまで目的を達成する手段

▼ 経営者の仕事 5つ

  1.社員のモチベーションを高める → 制度・風土づくり

  2.決断をする → 儲かるかどうかではなく、正しいかどうかで判断

  3.方向を明示する

  4.誰よりも働く、先頭に立つ

  5.後継者を育てること

▼ 企業経営の中で、もっと社員の家族に思いを馳せるべき

▼ 誰かの犠牲の上に成り立つ経営は、欺瞞

▼ 調査の結果、非価格競争の中小企業は全体の20% → 黒字割合と整合している

▼ 流行を追うと、必ず廃れる

▼ 離職率を下げることと成長率を高めることは、相反する → 「二兎を追う者は一兎をも得ず」になる

▼ 労働力不足を解消する方法

  ・高齢者 ・女性 ・障がい者 ・外国人 ・いまいる社員のモチベーションアップ


などなど。




ちなみに、

現在執筆中で、近々ご出版予定の書籍のタイトルは、


『いい会社になりたければ、いい会社と付き合いなさい(仮)』


なのだとか。



実は私、

タイトルを聞いただけで、

思わず興奮してしまいました(笑)。



なぜならば、

私が「人を大切にする経営実践講座」や「人本経営サークル」の中で

やろうとしているのは、まさに、


「いい会社同士のコミュニティづくり」


だからです。



坂本先生に、背中を押してもらったようで、

(勝手に)嬉しくなりました。




・・この度も、たくさんの学びをいただいた坂本先生に、

心より感謝いたします!



本日は、備忘録ということで。


posted by 安野 広明 at 22:04| 島根 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする