2019年10月12日

Vol.2518「“人を大切にする経営実践講座”のご感想をいただきました」


昨日は、

広島県尾道市にある

S会計事務所を訪問し、社内見学。



S先生には、頼れる先輩として、

お世話になっています。



滅多に見学を受け入れないそうですが、

今回は特別に(?)、

お邪魔させていただきました。



こうして同業者どうしで

情報交換できる環境というのは、

本当に、ありがたい限りです。



・・それにしても、

尾道という街の雰囲気は、

いいですね〜。



昨日はとんぼ返りでしたが、

またゆっくり、観光で訪れたいです(笑)。


*****************************************


話は変わりまして、先日終了した、

「人を大切にする経営実践講座」(*)

の参加者より、

ご感想をいただきました。


http://annokaikei.com/wp-content/uploads/kaikeijissen_20190513.pdf



以下に、ご紹介します。


(ここから)
  ↓
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

第1回目の講義で小林先生から

「“業績軸”による拡大再生産の経営から“幸せ軸”へシフトし、

 人を幸福にしていきながら好業績をあげる経営を実践している企業が増えている」

というお話がありました。


正直その時点では、

「益田のような市場規模の小さい地域の中小企業では、

 考え方を実践できたとしても、業績の向上にまで繋げる事は難しいのではないか」

という思いを感じていました。


しかし、

四国ベンチマークツアーで視察した企業は

山陰と変わりない商圏、規模にもかかわらず

人本経営の実践、業績の両方で結果を出しており、

何よりそこで働く社員の方の生き生きした雰囲気と人間力に驚かされました。


同時に自身の目で実際に見て感じられたことで

わたしが当初抱いていた疑念も払拭されました。


わたしが講義全般を通して特に良かったと感じたのは

「このセミナーは視察ツアーを含め、

 現実に実践し結果を出している企業の話を中心に講義が構成されていたため、

 学ぶ側も眠くなることなく最後まで興味を持って話を聞くことができた」

という点です。


ただ、安野先生も最後におっしゃっていましたが、

講演やセミナーでいくら良い話を聞いても、

時間の経過とともに日々の仕事に忙殺され、

いつしかそのことを忘れていくものです。


ですから、セミナーの最後に発表させていただいたように、

わたしが今回のセミナーで「まずは何かを実践し、形にしたい」

ということにこだわったのは、

セミナーの成果としてというよりも

「今後も忘れることなく取組んでいく礎にしたい」

という思いが強かったからです。


私は、直接に人本経営を指揮する立場にはありませんが、

総務担当として社員の満足度、幸福度を高めるための施策や企業風土を実現するべく、

自社の環境整備には今後も積極的に取組んでいこうと思っています。


また、単純に他社のやりかたを真似ることで結果を求めるようなことはせず、

自社の企業風土や置かれた状況の中で実現可能な事からこつこつ取組み、

社員の幸福度を高める土台を少しずつ築いていくことが大事ではないかと思っています。


そして、そうした取組みを積み重ねていくことこそ

将来(何年後か何十年後かわかりませんが)自社の“人を大切にする経営”実現

に繫がっていくのではないかと思います。


最後に、今回とてもいい雰囲気の中で講義を受けることができたこと、

また貴重な経験ができましたことに感謝を申し上げます。


小林先生、安野先生、受講生の皆様ありがとうございました。


(N.T様)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  ↑
(ここまで)


Tさん、長文のご感想をありがとうございます!



「実践」にこだわった講座だけに、

半年間で取組みを具体的な形にしていただいた

というのは、

主催者としてとても嬉しいです。



お互い、これからも、

切磋琢磨して参りましょう!



・・本日は、ご紹介ということで。



posted by 安野 広明 at 19:05| 島根 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする