2019年10月08日

Vol.2514「誰に(何に)期待するかで、仕事も人生も大きく変わる」


同じ仕事をしていても、

不平・不満だらけでイライラしている人もいれば、

充実感にあふれ、

ワクワクしている人もいます。



一体、この差は何なのでしょうか?



おそらく前者は、

自分以外の他人や環境に期待し、

自分の思い通りになることを望んでいます。



しかし、

他人や環境はなかなか変わらないため、

期待すればするほど、

不満が募り、イライラするのです。



これはある意味、

勝手に期待している訳ですので、

自分で生み出した負の感情

と言えるでしょう。




この点、後者は、

他人や環境は気にせず、

「自分がどうしたいのか」

だけを考えます。



つまり、

自分自身に期待しているのです。



そうすると、周囲に対して、

「こうしてほしい」、「ああしてほしい」

という意識から、

「こうしたい」、「ああしたい」

という意識に変わります。



そうやって、

「自分がどうしたいか」

を突き詰めていくと、やがて、

やりたいことが見つかり、

ワクワクするのです。




自らが、

「他人や環境」に期待しているのか、

それとも、

「自分自身」に期待しているのか。



たったこれだけの違いで、

仕事がネガティブなものにも

ポジティブなものにもなるのですから、

やはり「考え方」が人生に与える影響は、

とてつもなく大きいな〜と感じます。



おそらく、このことは、

職場環境を変えたところで、

「考え方」が変わらない限り、

一生つきまとう課題でしょう。



これから先、

不平・不満でイライラした人生を送るのか、

充実感あるワクワクした人生を送るのかは、

結局のところ、

自分次第なのだと思っています。



・・自戒を込めて。


*****************************************


【本日のまとめ】

■ 「考え方」が人生に与える影響は、

  とてつもなく大きい。

■ 不平・不満でイライラした人生を送るのか、

  充実感あるワクワクした人生を送るのかは、

  結局のところ、自分次第である。



posted by 安野 広明 at 23:57| 島根 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする