2019年09月30日

Vol,2506「“よい社風”の前提にあるもの」


「社風がよい」と聞くと、多くの人は、

メンバー1人1人が常に自然体で、

それでいて、雰囲気のよい組織

をイメージすると思います。



私(安野)自身、以前は、

そのように思い込んでいました。



しかし、これまでに

数多くの企業視察を重ね、

それぞれの社風を肌で感じたり、

社長や社員さんにインタビューする中で

よく分かったのは、

社風のよい会社は、例外なく、


1人1人が周りのことを考え、

働きやすい職場環境にするために日々努力している


ということ。



決して、

価値観や考え方がピシャっと合うメンバー

が揃っているから、

普通にしていても雰囲気がよい

という訳ではないのです。



そもそも人は、

楽な方へ楽な方へと流されますので、

普通にしていると、必然的に、

自己中心的になります。



そうすると、

相手や周りのことが考えられなくなり、

自己中心的な挨拶や表情や言動によって、

全体の雰囲気に悪影響を及ぼすでしょう。



当然ながら、そのままでは、

社風はよくなりません。




社風のよい会社というのは、

メンバー1人1人が、

会話の中に感謝の言葉を入れたり、

次の工程の人のために期限を守ったりと、

お互いが努力をしているから、

仲が良いのです。



そして、

そういった努力から目を背ける人は、

やがて居心地が悪くなり、

そこからはフェイドアウトしていく

のだと思います・・。



「人間関係は努力」


だということを、

肝に銘じたいものです。


*************************************


【本日のまとめ】

■ 社風のよい会社は、例外なく、

  1人1人が周りのことを考え、

  働きやすい職場環境にするために日々努力している。

■ 「人間関係は努力」

  だということを、肝に銘じたいもの。



posted by 安野 広明 at 22:20| 島根 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする