2019年09月22日

Vol.2498「“ビビッと来たら動く”で、世界は広がる」


昨日は、

とあるセミナーに参加すべく、

東京へ日帰り出張。



数日前に、

来期以降の取組みについて

色々と思いを巡らせていた際、同セミナーを見つけ、

直感的にビビッと来たので、

即申し込み、参加してきました。



実は、私(安野)の場合、

今回のように、

たいした計画性を持たず(汗)、


「申し込んじゃえ」


と、直感で行動に移すことがあります。



昔から

「思い立ったが吉日」

「善は急げ」

「旨い物は宵に食え」

と言いますが、


やはり何事にも「タイミング」

というものがあって、

その時の感性のアンテナに引っかかったからには、

何かしら意味があるのだろうし、

そのタイミングをできる限り逃したくない

と思うからです。



もちろん、

理屈ではなく直感で動くと、

外れる(=思ったのとは全然違う)こともあります。



しかしそれを含めて、私自身、

世界が広がりましたし、

昨日も、想像した以上に

価値の高い時間となりました。




そして、ふと思ったのは、

直感に従って行動することで、

あえて予定調和を崩しにかかり、

自らの凝り固まった思考や常識に

揺さぶりをかけにいくことも、

時には必要なのではないか?

ということ。



これは、セミナーや研修に限らず、

人や本との出会いでも

同じでしょう。



「この人は!」とビビッと来たら、

タイミングを逃さずに会いに行く(もしくは調べてみる)、


「この本は!」とビビッと来たら、

タイミングを逃さずに買って読んでみる。



少なくとも私は、

そうやって、少しずつ、

世界が広がりました。

(とはいえ、まだまだ狭いですけど・・)




理屈ではなく、ご自身の直感に従い、

あえて予定調和を崩してみるのも

よいかもしれません。



何かのご参考までに。



・・それにしても、

山口宇部空港経由の東京日帰り弾丸出張は、

だんだんきつくなってきました(汗)


**************************************:


【本日のまとめ】

■ 理屈ではなく、直感に従い、

  あえて予定調和を崩しにかかることも、

  時には必要ではないだろうか。

■ そうすることで、少しずつ、

  自らの世界が広がっていくはず。


posted by 安野 広明 at 21:27| 島根 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする