2019年09月16日

Vol.2492「言葉を尽くしていますか?」


以前、

益田市内の小中学校教職員向けに

研修(*)をさせていただき、

その時の参加者のご感想が、

先日、会社に届きました。


* ご参照下さい。
   ↓
Vol.2447「小中学校教職員の方々に、お話させていただきました」
http://bplan.seesaa.net/archives/20190802-1.html



そのまま掲載することはできませんが、

長文で、とても励みになるご感想ばかりです。

(さすがは学校の先生!)



中でも、私(安野)が嬉しかったのは、

ある先生が書いて下さった、


「話全体がとても分かりやすく、

 私たち教員も大切にしていかなければならない事を

 改めて考えるきっかけにもなりました。」


という箇所。



こちらが伝えたいことが

相手に伝わったようで、

ホッとしました。



実は、私が、

こういった研修やセミナーの講師役をいただいた時、

最も意識するのが、

分かりやすく話すこと。



分かりづらい専門用語を使ったり、

独りよがりな話し方は、

できるだけ避けるように

心掛けています。



そしてそのためにも、

相手の立場に立って、

どういう表現を用いれば、

分かりやすく、相手に伝わるかを

考えているつもりです。



準備に時間はかかるものの、

結果として、このプロセスが、

自らの言葉を磨くことにもつながっている

気がします。


(その割には、たいして磨かれてないんですけど・・汗)




少し話は変わりますが、

先日の特別講演会(*)では、

講師をおつとめいただいた佐藤芳直先生が、


「言葉は、心に届いて、はじめて言葉」


だと、おっしゃっていました。


* ご参照下さい。
   ↓
Vol.2490「第29回ビジネスプラン特別講演会、無事に終了しました!」
http://bplan.seesaa.net/archives/20190914-1.html



また、


「言葉を尽くす」


というキーワードも・・。



昨今は、

LINEスタンプに代表されるように、

感情表現を簡略化・効率化する風潮にありますので、

なおさら、


「相手に伝わるまで伝える努力」


や、そのための「言葉磨き」が、

必要なのかもしれません。




私はまだまだですが、これからも、

伝える努力を怠らず、

言葉を尽くせるよう精進したい・・

と思った次第です。


***********************************


【本日のまとめ】

■ 「言葉は、心に届いて、はじめて言葉」

  である。

■ コミュニケーションを簡略化・効率化する風潮にあるからこそ、

  「相手に伝わるまで伝える努力」や、そのための「言葉磨き」が、

  必要ではないだろうか。


posted by 安野 広明 at 18:45| 島根 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする