2019年09月04日

Vol.2480「スピノサウルスの化石を眺めながら思ったこと」


突然ですが、我が家には、

約1億2千万年前に実在したスピノサウルス(*)の

歯の化石(8pくらいのもの1本)があります。


https://www.kyouryu.info/spinosaurus.php



今年の夏休みに、

広島で開催された『大恐竜博』へ訪れた際、

売店で見つけ、購入したものです。



子供にねだられた訳でもなく、

私(安野)が欲しくて買いました(笑)。



なにせ、レプリカ(複製品)とは違う本物の化石

ですので、

恐竜好きとしては「買い」でしょう(そんなに高くなかったし)。



まあ、あまりにも時代が古いため、

本やテレビで得た知識によるイメージ

に過ぎませんが、


自分の部屋に飾られた歯の化石を見るたび、

「このスピノサウルスが生きた時代」

に想いを馳せ、

空想にふけっております・・(単なる現実逃避ですけど)




それはさておき、

上記と同じように(!?)、誰にでも、


「〇〇を見ると、〇〇を思い浮かべる」


といった、

「思い出の品」や「土産物」はあるはず。



そして、それらを眺めながら、


「あ〜、あの時は楽しかったな〜」

とか

「そういえばそんなこともあったよな〜」

などと、


「過去」に想いを馳せるものです。



モノを通じて

「過去」の体験や感情や記憶を保存する


という意味において、

これはこれで、

大切なことだと思っています。




では、「過去」ではなく、


「〇〇を見ると、これから先の未来をイメージする」


みたいな、

「未来」に想いを馳せるモノはあるでしょうか?



こちらに関しては、

なかなか見当たらない人の方が

多いかもしれませんね。



かくいう私自身、

それほど持ち合わせていない

のですが、

ただ1つ、自信を持って

おススメできるモノがございます。



それは、


「経営計画書」(*)


です。


http://annokaikei.com/plan



とりわけ、経営者やリーダーにとって、

「過去」も大事ですが、それ以上に、

会社やチームの「未来」に想いを馳せることが

重要なはず。



どういった「未来」を強くイメージするかで、

組織の方向性が全く変わってきますので。




・・「経営計画書」を読んで、「未来」をイメージする。



そんな習慣を、

日常の中に取り入れてみてはいかがでしょうか。



そのためにも、

まだ作成されていない方は、ぜひ、

「経営計画書」に挑戦してみて下さい!


*よろしければ、こちらの講座もご活用下さいませ。

 「経営計画作成集中講座」
 http://annokaikei.com/plan/lectures


**************************************


【本日のまとめ】

■ 経営者やリーダーにとって、

  「過去」も大事だが、それ以上に、

  会社やチームの「未来」に想いを馳せることが重要。

■ 「未来」を強くイメージするためにも、

  「経営計画書」を活用してみてはどうだろうか。

posted by 安野 広明 at 23:22| 島根 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする