2019年07月26日

Vol.2440「“経営計画作成集中講座”のご案内(再)」


昨日・一昨日と、東京にて、

経営計画作成指導員をして参りました。



今回、私(安野)が主に担当したのは、

愛媛県からいらっしゃったお客様で、

同社の「数字編」と「方針編」の作成をサポート。



指導員として多少なりともお役に立てたなら、

嬉しく思います!




それにしても、

経営計画書の作成に関われば関わるほど、

会社経営をする上で、


「作らないなんてあり得ない」


という想いが強くなっています。



なぜならば、経営者にとって、

数多くの気付きが得られるから。



とりわけ、


▼ 自社の差別化要因(=強み)は何か?

▼ 5年後の事業の柱、新商品・サービスは何か?

▼ どうやってビジョンと数字を整合させるか?


などは、かなり頭を使います。



そして、思考が深まる分、

数値化・言語化するプロセスの中に、

経営のヒントが散りばめられているのです。




また今回、改めて思ったのは、


「自分1人で作るのは難しい」


ということ。



やはり思考を整理するためには、

適切な質問を投げかけてくれる

「壁打ち相手」が必要です。



おそらく経営者1人では、

思考の出口が分からずに堂々巡りとなるか、

中途半端なまま思考がシャットダウンする

可能性が高いでしょう。



これではいつまで経っても

経営計画書が形になりませんし、

事業に生かすこともできません・・。




そこで、弊社がご用意したのが、

こちらのサービス(笑)。


「経営計画作成集中講座」
http://annokaikei.com/plan/lectures



私自身、

自社の経営計画書を作成しているのはもちろんのこと、

指導員としての経験も、

着実に増えつつあります。



ご興味のある方は、

ぜひ、チャレンジしてみて下さい!

posted by 安野 広明 at 21:50| 島根 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする