2019年07月22日

Vol.2436「オンリーワンの花を咲かせるために」


誰だって、


「自分はこの世でオンリーワンの特別な人間」


だと思いたいものです。



そして、実際に、


「その人にしか出せない良さや魅力」


は、探せばいくらでも見つかるでしょう。



ただ時に、この

「自分は特別」という感情が、

よからぬ方向へと向かう場合があります。



例えば、


「自分は特別、うまくいかないのは周りのせい」

とか

「もっと自分を評価してくれる職場があるはず」

とか

「自分はこんなものじゃない、まだ本気出してないだけ」

などなど・・



つまり、実務を積み重ねる前から、

「何者か」になったような気でいる

のです。



残念ながら、そういう人ほど、

目の前の仕事を「自分ごと」として向き合うことができず、

思い通りにいかなければ

人のせいにします。



結果的に、

自己成長できないのは、

想像に難くありません・・。




では、そのような、

(過度に)「自分は特別」という幻想を抱き、

本気で仕事に取り組めない人に対して、

どう接するべきなのか?



あくまで一個人の意見ですが、

それは、本人に、


いまの実力(=現実)を認識させる機会を設け、

できるだけ多くの気付きを与えること


なのかなと。



芸人のikkoさん風に言えば、

「マボロシ〜」を見ている人に、

「ゲンジツ〜」を知らしめ(笑)、


「いまの自分は、まだ何者にもなれていないこと」


を認識してもらうのです。



そして、その際、

組織としてのフォローやサポート体制、

職場環境の整備などが必要なのは、

言うまでもないでしょう。




もちろん、向き・不向きはあるにしても、

いまの職場で「人財」(=会社から必要とされる存在)

になれない人が、他でなれるかというと、

世の中、そんな甘いものではないと思います。



特別かどうかは、あくまで、

周りの人が決めることです。

(ちょっと厳しい表現ですが 汗)




したがって、まずは、

いま、目の前に与えられた仕事を、

嫌々ではなく、徹底的に取り組んでみる。



特に、最近の若い方にとっては、

泥臭くてカッコ悪いと感じるかもしれませんが、

それ以外にないんじゃないか?

と考えています。



そうすれば、いつかきっと、

その人にしか咲かせることのできない

オンリーワンの花が咲くはずです。


*************************************


【本日のまとめ】

■ いまの職場で「人財」(=会社から必要とされる存在)

  になれない人が、他でなるのは難しい。

■ 目の前に与えられた仕事を、

  嫌々ではなく、徹底的に取り組んでいけば、

  オンリーワンの花が咲くはず。

posted by 安野 広明 at 23:29| 島根 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする