2019年07月13日

Vol.2427「なんだかんだ言っても、田舎の学問より京の昼寝”」


インターネットの普及により、

地方と都会の情報格差は無くなった

とよく言われます。



確かに、

仕事をする上で調べたい情報は、

ある程度、ネット検索で

入手できるようになりました。



しかも、

スマホ等のモバイル端末を使えば、

いつでもどこでもネットにつながりますので、

昔に比べ、利便性は格段に高まった

と言えましょう。



ただ、


「田舎の学問より京の昼寝」(*)


という諺の通り、

情報格差が縮まったとはいえ、

やはり、都会に出て、

人に会うことはめちゃくちゃ大事だと

実感しています。


* 田舎で1人で学問しているよりは、たとえ昼寝をしても、

 都会に出れば他人と交わらざるを得ず、

 そのことが人を鍛えるという意味(コトバンクより)



都会に出れば、

全国各地に人間的なパイプができたり、

ネットには公開されていない情報が入ってくる

のはもちろんのこと、なによりも、

その空気感に触れられるのが大きいです。



意識の高い人たち、成長している人たちの空気感

というか、なんというか・・



こればっかりは、

実際に足を運んだ人にしか分からないでしょう。



その空気感に触れることで、

こちらの感情が動き、

次のアクションへとつながるのです。



もしもこれが、

田舎にこもって、本やインターネットの情報に触れているだけ

だったとすれば、おそらく、

スピード感をもって行動に移すのは

難しいと思います。



だからこそ、私自身、

田舎に引きこもることなく、折を見て、

都会へ足を運ぶよう心がけているつもりですし、


実際、これまでに、

そうした営みによって得られた成果物(目に見えないものを含む)は、

計り知れません。



特に、地方に住む経営者やリーダーの方は、


「田舎の学問より京の昼寝」


を意識されてみてはいかがでしょうか。



そんなことを考えました。


************************************


【本日のまとめ】

■ 情報格差が縮まったとはいえ、

  やはり、都会に出て、

  人に会うことはめちゃくちゃ大事。

■ 地方に住む経営者やリーダーの方は、

  「田舎の学問より京の昼寝」

  を意識してみてはどうだろうか。

posted by 安野 広明 at 19:31| 島根 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする