2019年07月12日

Vol.2426「“切磋琢磨の環境”はありますか?」


トキワ荘(*)といえば、

東京都豊島区にあった木造アパートで、

「マンガの聖地」として有名です。


https://www.city.toshima.lg.jp/artculture/brand/tokiwaso/machi.html



手塚治虫、寺田ヒロオ、藤子不二雄A、藤子・F・不二雄、

石ノ森章太郎、赤塚不二夫などといった、

昭和を代表する漫画家が、

青春時代をトキワ荘で過ごし、

互いにしのぎを削りながら、

それぞれ世に羽ばたいて行かれました。



藤子不二雄A氏は、あるコラムの中で、

こんなエピソードを紹介されています。


(ここから)
  ↓
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−ー

手塚先生や赤塚氏、石森氏たちの作品にいちいち感動し、

「僕もがんばらないと」と発奮する。

実際、トキワ荘にはそんな相乗効果があった。
 

駆け出しのころ、

オーバーワークで原稿をほとんど落とし、

出版社から干されてしまったことがある。


だが夜中に目が覚めて共同のトイレに行くと

どの窓にも明かりがついていてみんな徹夜で仕事している。


それを見て

「じゃあ俺たちもまた一から持ち込みの原稿でも描くか」

と意欲がわいた。


藤本氏と「そのうち何とかなるだろう」と

言っているうちに本当に何とかなって、

また漫画の注文が来るようになった。


一人だったら絶対に再起できなかっただろう。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−ー
  ↑
(ここまで)


トキワ荘は若手漫画家にとって、まさに、

「切磋琢磨の環境」

だったことが伺えますね。




話は変わりまして、

私(安野)は、

公認会計士資格の受験勉強時代、

大学が準備してくれた自習室(=通称、6号館)

に朝から晩まで入り浸っていました。


(それゆえ、肝心の大学にはほとんど通わず、

 スレスレの単位での卒業となりました 汗)



6号館には、私と同じく、

公認会計士や税理士を目指す若者15〜20名くらいが集い、

互いに教え合ったり、励まし合ったり、

時には息抜き(=サッカーや飲み会)をしたり。



自分のモチベーションが上がらない時には、

机に座って黙々と勉強している仲間の姿を見て、

「もうひと踏ん張りしようか・・」

と意欲が湧きましたし、


一緒に勉強していた先輩や同期が

自分より先に合格して、

社会人として旅立っていく姿は、

かなり刺激になりました。



そこで奮起できたおかげで、

何とか合格し、今がある

と思っています。



私にとって6号館は、

「切磋琢磨の環境」という意味で、

トキワ荘みたいなものです。




そして社会人となり、

現在の「切磋琢磨の環境」としては、

全国各地にいらっしゃる同志とのつながりが、

まさにそう。



物理的に住んでいる場所はバラバラですし、

たまにしか会うことができませんけど、

会った時には、いつも刺激をいただき、

自らの未熟さに気付かされ、

「よし、もっと頑張ろう!」

目線が上がります。



先日も、同志が結集する場(=東京)へと足を運び、

皆さんのお話を色々と伺う機会があったのですが、

つくづく、

「ありがたい環境だな〜」

と感じました。




・・環境は、自分で選ぶことができます。



どうせなら、

切磋琢磨し、相乗効果で成長できる環境を

選んでみてはいかがでしょうか?



ちなみに、

地元における「切磋琢磨の環境」としては、

こんな場もございます(笑)。
   

「次世代リーダーの会」
http://annokaikei.com/leader



当会は、

現代版トキワ荘(!?)とまではいきませんが、

月に1回、目線を上げる場として、

これまで多くの方にご活用いただいています。



よろしければ、ぜひ1度、

見学にお越し下さいませ!


*************************************


【本日のまとめ】

■ 切磋琢磨し、相乗効果で成長できる環境を

  選んでみてはどうだろうか。
 
posted by 安野 広明 at 22:42| 島根 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする