2019年07月06日

Vol.2420「座して破壊されるか?それとも自分たちが変わるか?という究極の選択」


昨日は、松江市へ移動し、

県主催の「人財塾第10期オープニング特別公開講演」に参加。



私(安野)は、

第5期卒業生としてお邪魔しました。



第1部は、


「いい企業の11の不変的特長」


と題して、

人を大切にする経営学会会長の坂本光司先生

による基調講演。


<おすすめ本>

「日本でいちばん大切にしたい会社」(坂本光司 著)
https://www.amazon.co.jp/dp/4860632486/



坂本先生は、島根県との関わりが深く、

人財塾第1期(=10年前)から

ご指導下さっています。



ちなみに、

弊社が主催する「人を大切にする経営実践講座」(*)

の着想を得たのも、この人財塾でして、

ベースはもちろん、坂本先生が提唱される

「人を大切にする経営」です。


(メイン講師をお願いしている小林秀司先生は、

 坂本先生のお弟子さんに当たります)


http://annokaikei.com/news/1815



今回も坂本先生のお話を拝聴し、

背筋が伸びるというか、

身の引き締まる思いがしました。



まずは弊社が「いい会社」を目指すと共に、

地元に「いい会社」を増やせるよう、

これからも尽力いたします!




続く第2部は、


「アリババグループが推進するデジタルトランスフォーメーション」


と題し、

アリババ(株)代表取締役社長CEOの香山誠氏による基調講演。



ここでは内容を詳しく書けませんが、

凄いことが現実に起きているようです。



ビッグデータによるマーケティングの

具体的な事例を踏まえた上で、

香山社長がおっしゃった、


▼ 産業の境目がなくなる

▼ 全業種がデータテクノロジーとAIでラッピングされ、変革する

▼ 何もしなければ死んでいく

▼ 座して破壊されるか?自分たちが変わるか?


などといった言葉が

グサグサと胸に刺さり、

強烈な危機感を抱きました(汗)。



企業を存続させ、社員さんを守り、


「関係する人々が幸せを実感する」


という企業の目的を追求するためにも、


この脅威をチャンスと捉え、

デジタルテクノロジーに対しても

受け身ではなく積極的な姿勢で、

挑戦をしていかなければなりません・・。



時代は待ったなしで、

着実に、しかも驚くほど変化していること

を実感できる、

貴重な時間となりました。



ありがとうございます!



本日は、備忘録ということで。

posted by 安野 広明 at 19:56| 島根 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする